日本発NFTが世界へ挑戦。メディアエクイティとフォーイットのシナジーやいかに──スタートアップ関連の注目M&A・資本提携ニュース

関連タグ

「イノベーターの成長を支援し、未来社会を共創する」をミッションに掲げるFastGrowは、さまざまなコンテンツを通して、いま注目すべき次世代の成長企業と出会う機会を提供している。

月刊『スタートアップの注目M&A・資本提携ニュース』では、編集部が厳選したスタートアップ関連の注目M&A・資本提携ニュースをまとめてお届け。M&A・資本提携の様子を定点観測していれば、新たなビジネスモデルが見えてくるはずだ。今月は4件をピックアップした。

  • TEXT BY OHATA TOMOKO
  • EDIT BY YUI TSUJINO
SECTION
/

メディアエクイティ
NFT事業を日本・東南アジアへ拡大

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000046191.html

資本提携概要

メディアエクイティフォーイットが資本業務提携

サービス概要

メディアエクイティは2019年5月に創業。NFT発行サービス『HEXA(ヘキサ)』、ブロックチェーンゲーム『HEXARS』を運営している。

『HEXA』は、ツイートやイラスト、画像作品などのNFTを発行して販売できるサービスだ。NFTは、改ざん不可能かつ所有証明書がついたデジタルデータで、ブロックチェーン技術を活用して発行・取引される。

フォーイットはフルスピードから2010年4月に分離独立して誕生。アフィリエイト提供サービス『afb』、海外向けアフィリエイト提供サービス『Webridge』などを運営している。また、海外インフルエンサーを活用したPR事業や東南アジアを中心としたECサービスの支援も行っている。

メディアエクイティがフォーイットに対して第三者割当増資を行うかたちでの資本業務提携により、日本・東南アジアにおけるNFT事業を拡大させる予定だ。

フォーイットが持つインフルエンサーネットワークや東南アジア拠点によるグローバルネットワークを活用し、さらなる発展が見込まれる。

SECTION
/

grabss
アーティストとファンをつなぐプラットフォームを強化

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000036931.html

資本提携概要

grabssK-PROを子会社化

サービス概要

grabssは2012年10月に創業。電子チケット販売サービス『TIGET』、インターネット電話サービス『THISIS』、法人向けWeb会議サービス『BIZMEE』などを展開している。

K-PROは、お笑いライブやイベントなどの企画・主催・マネジメントを行っている。2021年4月に、劇場「西新宿ナルゲキ」を開場し、次世代のスター芸人輩出を目指している。

K-PROが実施する第三者割当増資をgrabssが引き受け、K-PROを子会社化した。grabssが展開する『TIGET』事業のプラットフォーム戦略とK-PROのお笑いライブやイベント領域に関する知見を活かし、アーティストとファンをつなぐプラットフォーム・舞台づくりで協力する予定だ。

これらを通して、両社は従来のエンターテインメントサービスの枠を超える新たな価値を創出していくという。

SECTION
/

ポート
相互でサービス成長の拡大を目指す

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000016325.html

資本提携概要

ポートマッチングジャパンが資本業務提携

サービス概要

ポートは2011年設立、2018年に東証マザーズへ上場。採用支援サービスなどを手掛ける。2020年7月に外壁塗装専門サイト『外壁塗装の窓口』を運営するドアーズを買収し、リフォーム領域に参入。その他、就職・ファイナンス領域でインターネットメディアを複数運営している。

マッチングジャパンは2006年設立。リフォーム業者検索サイト『家仲間コム』を運営している。その他、ポータルサイト事業、プロモーション事業、Webショップ事業をメインに展開。

ポートがマッチングジャパンに対して出資をする今回の資本提携により、ポートが持つマーケティングノウハウの提供や相互送客などに取り組み、両社のサービス成長を拡大させる予定だ。これにより、ポートはリフォーム領域への参入の足がかりにしていくという。

提携によるシナジー効果やプロダクトのグロース状況などを踏まえ、子会社化も視野にいれているそうだ。

SECTION
/

マンションリサーチ
賃貸管理業界のサービス拡大を目指す

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000013438.html

資本提携概要

マンションリサーチジオネットワーク(1992年8月に設立)が資本業務提携

サービス概要

マンションリサーチは2011年に創業。分譲マンション相場公開サイト『マンションナビ』、不動産データ活用ツール『不動産データクラウド』などを運営している。

ジオネットワークは1992年に設立。管理会社向けコンサルティングや経営者やスタッフ向け賃貸研修などを行っている。

今回の資本提携により、不動産業界への新規サービス創出や既存サービスの向上を目指すという。

マンションリサーチが保有する約3,000万件の賃貸データと、ジオネットワークが保有する賃貸管理のノウハウやコンテンツを融合することで、賃貸管理業界のサービス拡大が期待される。

こちらの記事は2021年11月08日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

記事を共有する
記事をいいねする

執筆

大畑 朋子

1999年、神奈川県出身。2020年11月よりinquireに所属し、編集アシスタント業務を担当。株式会社INFINITY AGENTSにて、SNSマーケティングを行う。関心はビジネス、キャリアなど。

編集

辻野 結衣

1997年生まれ、東京都在住。関西大学政策創造学部卒業し、2020年4月からinquireに所属。関心はビジネス全般、生きづらさ、サステナビレイティ、政治哲学など。

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン