退路を断つ人が誰よりも成長する|Taro Nakajima|note

組織としての成長や採用を考える中での気付きを珍しくブログに。週末これまで採用してよかった人、そうならなかった人の違いってなんだろうと考えていた。 お陰様で創業期と比べて、色々な経歴を持った方々と働く機会も増え、素晴らしい経歴を持った人に応募していただくことも増えた一方、その過程では残念ながら辞めた人もいるし求めていたパフォーマンスが引き出せなかったことも経験した。(社員数を増やすことが組織の成長と手痛い勘違いをしていた) そんな中で社会人経験がほとんどなかった創業期に近いタイミングでジョインした仲間たちが、後から入ってきた人たちと比べても非常にいいパフォーマンスを安定して出せるよ…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

noteに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン