INTERVIEW
金子 陽三 五十嵐 健
18-04-26-Thu

ユナイテッドで過ごす時間は「青春」だ!
グループ会社になって思うこと

TEXT BY TOMOMI TAMURA
PHOTO BY DAISUKE OKAMURA
前記事
#3
ユナイテッド株式会社
#4
次記事
#5

「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げるユナイテッド。

現在の事業の柱は、アドテクノロジー、コンテンツ、インベストメントの3つ。
加えて、EdTechやバーティカルメディアなど、多様な事業を展開する8社がグループ会社にある。

多様な事業・組織で構成される「ユナイテッド流 事業の作り方」とは。

ユナイテッドの「今」を全5回で紐解く第4回は、
グループ会社としてジョインし、ユナイテッドの執行役員も兼務するSmarprise社長の五十嵐健氏と、
ユナイテッド代表取締役社長COO 金子陽三氏の対談をお届けする。

Chapter
/

創業後、10ヶ月でユナイテッドグループにジョイン

五十嵐さんはSmarpriseを前職のトレンダーズで社内起業され、その後ユナイテッドのグループ会社になりました。起業した経緯と、ユナイテッドとの出会いについて教えてください。

五十嵐僕はずっと、いつかは起業したいと思っていたので、多くの起業家を輩出しているサイバーエージェントに新卒で入社しました。その後、トレンダーズに出向、転籍し、取締役を務めていました。

起業するための事業を考えるにあたり、目を付けたのがiTunesのアフィリエイトプログラムです。これを独自に活用したサービスを作りたい、そう思って事業計画を作り、役員陣にプレゼンしました。それもトレンダーズの中でやるのではなく、スマートフォン事業を切り出してやりたいと提案したところ、賛同を得られ、社内起業する形で誕生したのがSmarpriseです。

五十嵐主力サービスは、iOSアプリの課金プラットフォームサービス「SMART GAME」で、2015年4月に会社を創業、同年9月にサービスをリリースしました。すると、想像以上のスピードでユーザーが集まったんです。そこで、「資金調達をして事業を成長を加速させよう」と考え、ユナイテッドにお伺いしたのが始まりでした。

なぜユナイテッドだったかというと、アドテクの事業を展開しているから。SMART GAMEは広告と相性がいいと思い、アドテクの会社と資本業務提携ができないかと考えたとき、真っ先に頭に浮かんだのがユナイテッドだったのです。

オフィスに伺い、僕のサービスはいかにユナイテッドとシナジーを生めるかを熱弁したところ、「いいね!」と好感触。1週間後には、「一緒にやりましょう」と連絡があり、その意思決定の速さには、少々驚きましたね。

Chapter
/

出向メンバー全員が正式にSmarpriseの社員に

1週間とは早いですね。そのとき、Smarpriseの従業員は何人くらいいたのでしょうか。

五十嵐従業員は6人くらいで、そのほとんどがトレンダーズからの出向でした。

ユナイテッドから出資してもらうことの懸念は、出向メンバーが全員トレンダーズに戻ってしまうかもしれないこと。それを正直に相談したところ、ユナイテッドは「それでもいいから一緒にやろう」と言ってくれたんです。後に、メンバー全員がSmarpriseの社員になったのですが、あの判断はうれしかったですね。

そこから1カ月で条件等をすり合わせて、役員全員との顔合わせに行きました。ここで金子さんには初めてお会いしましたね。

金子すごく覚えているのが、五十嵐さんは「みなさんにお土産があります」と、バームクーヘンを持ってきたんです。それを渡しながら、「バームクーヘンのように、切れない輪が積み重なっていくような関係になれたらうれしいです」って。久しぶりにこういう人を見たな、というのが最初の印象でした(笑)。今までユナイテッドにいなかったタイプの人でしたね。

五十嵐懐かしいですね(笑)。

Chapter
/

ユナイテッドは、個人の意思を尊重する会社

ユナイテッドと提携後、事業成長の加速につながったエピソードはありますか?

五十嵐いくつもあるのですが、大きなことは2つあります。ひとつは、金子さんをはじめユナイテッドの経営陣が、僕の意思をすごく尊重してくれること。何か相談すると「五十嵐さんがやるならいいよ」と、言ってくれるんです。

これは僕に限らず、関わるすべての人の意思を尊重するのがユナイテッドの文化。誰かが何かを起案したときでも、起案者の意思決定を尊重するから否定はしません。よほどのリスクがない限りは、起案を反対するのではなく、より良くするための議論をしています。

もうひとつは、「やるなら大きなチャレンジをしよう」と後押ししてくれること。

たとえば、金子さんに「赤字だけどプロモーションに先行投資したい」と相談すると、「赤字でもいい。事業が加速する前提で回収できる見込みがあるなら、意思を持って踏み込まないとダメだよ」と言われたんですね。「攻め時だから攻めよう」と。前だけを向いて挑戦しようと素直に思えました。

金子五十嵐さんの事業領域でナンバーワンを取りに行くべきだと思ったんです。しかも、その時期はチャンスだった。赤字でも、五十嵐さんに攻めたい意思があるなら、僕らもその意思に賭けようと思えました。

なぜなら、五十嵐さんはとにかく有言実行の男。アツいんです。松岡修造に負けず劣らずだから(笑)、なんとかやってくれるだろうと信頼していたし、心から応援したいと思っていました。

五十嵐アツさでは負けません(笑)。

組織作りの面で、ユナイテッドから受けた影響はありますか?

五十嵐Smarpriseのビジョンは、「驚きと感動を提供する」で、独自のカルチャーを作っているのですが、その上で大切にしているのはユナイテッドから学んだ「個を尊重する」ことです。

金子さんたちが僕を尊重してくれるのと同じように、僕もメンバーを尊重したいと思い、メンバーの意思を尊重するようにしています。ユナイテッドには、トップダウンがほぼ存在せず、ボトムアップが多いんですね。それもSmarpriseの経営に生かしています。

金子Smarpriseの社員は、みんないい表情をしているので、組織マネジメントに心配はしていないですけどね。

 

五十嵐みんなの表情がいいのは、個を尊重するようになってからだと思います。社員の顔つきも、みんなの働き甲斐も、目指すべきところも、ユナイテッドに入って大きく変わりました。

五十嵐僕、本当に驚いたのが、ユナイテッドは個人だけでなく個社の意思も尊重してくれること。買収する側はグループ会社に「ああしろ、こうしろ」と言うものだと思っていたのですが、金子さんたちは言わないんです。

この経験と学びを得て、今まではとにかくSmarpriseの成長のことを考えていたけれど、これからは、ユナイテッドグループのSmarpriseとして成長させるべく、舵を切っているところです。

今期のユナイテッドのテーマは、「ユナイテッド2.0」。グループ全体で別次元の成長を目指します。Smarpriseとしては、ナンバーワンのサービスをいくつも持っている状態にしたいと思っています。

金子ユナイテッドの第四・第五の柱が、Smarpriseからも出てきたらうれしいですね。五十嵐さんには、2017年10月からユナイテッドの執行役員にも就任してもらいました。コミット力が強くて、何かを引き受ける際の覚悟がずば抜けているので、ユナイテッドグループを異次元の成長に導いてくれると信じています。

Chapter
/

ピンチをチャンスに変え、みんなで青春を謳歌したい

ユナイテッドグループに入っていなかったら、まったく違う会社になっていたかもしれませんね。

五十嵐それは本当にそうだと思います。僕は、金子さんからの言葉に救われたり、勇気をもらったりする経験を何度もしています。

たとえば以前、iTunesアフィリエイトの料率が変わって、SMART GAMEが大ピンチになったことがありました。事業を継続できないかもしれないと思いましたが、それでも僕は諦めたくなかった。

そのとき「ピンチはチャンスだから」と金子さんからメッセージが届いたんです。ありきたりな言葉かも知れませんが、本当に大ピンチのとき、ここまで胸に刺さることはなく、僕は本当に救われました。

金子ピンチがあると、より事業や組織のことを深く考えるようになるし、僕は「修羅場が人や会社を育てる」と思っているので、五十嵐さんには乗り越えて欲しいと思いました。

五十嵐苦しい状態でしたが、「ピンチはチャンス」を心の中で反芻しながら、サービスの構成を変えたり、プロモーションのやり方を変えたり、事業や組織、人員配置を変えたりしました。結果、本当にピンチはチャンスで、Smarpriseの利益率は以前よりも上がりました。

それから、金子さんはよく「みんなで青春したい」と言うのですが、これにもすごく共感しています。そもそも、一度きりの人生なのに、おもしろくない仕事をして稼いでも楽しくない。だから僕はユナイテッドグループで楽しい仕事をし続け、青春を謳歌したいと思っています。

金子会社は、社会人の「青春の場」。ユナイテッドグループで過ごしてくれている時間がとても大切だからこそ、おもしろい仕事を得られる機会を増やしたいと思っています。

五十嵐仲間が増えて、事業も増えて、いろんな失敗があって、成功もあって。まさに青春だと思います。一人ひとりがユナイテッドグループでの仕事を「青春だ」と思えるよう、僕も頑張ります。

創業後、10ヶ月でユナイテッドグループにジョイン
出向メンバー全員が正式にSmarpriseの社員に
ユナイテッドは、個人の意思を尊重する会社
ピンチをチャンスに変え、みんなで青春を謳歌したい
前記事
#3
ユナイテッド株式会社
#4
次記事
#5
#1
多様な人・事業の集合体 ──ユナイテッドが描く未来とは
ユナイテッド株式会社 代表取締役社長COO 金子 陽三
#2
社内から役員や起業家を輩出。 ユナイテッドマフィアはこうして生まれた
ユナイテッド株式会社 代表取締役社長COO 金子 陽三 キラメックス株式会社 取締役 樋口 隆広 フォッグ株式会社 代表取締役 CEO 関根 佑介
#3
「任せてくれる親会社」 アラン花房氏が、圧倒的な事業成長を続けられる理由
ユナイテッド株式会社 代表取締役社長COO 金子 陽三 株式会社アラン・プロダクツ 代表取締役CEO ユナイテッド株式会社 執行役員 花房 弘也
#4
ユナイテッドで過ごす時間は「青春」だ! グループ会社になって思うこと
ユナイテッド株式会社 代表取締役社長COO 金子 陽三 株式会社Smarprise 代表取締役社長 五十嵐 健
#5
元祖CtoC企業「エニグモ」を創業期から支えた、ユナイテッドの嗅覚
ユナイテッド株式会社 代表取締役社長COO 金子 陽三 株式会社エニグモ 代表取締役 最高経営責任者 須田 将啓
[文]田村 朋美
[撮影]岡村 大輔

FastGrow更新情報や厳選ニュースをチェック

関連記事
注目の連載
関連企業
記事一覧にもどる