Webサイト制作でよくある失敗例5選。プロのディレクターが教える処方箋とは|ferret

広告やマーケティングの急速なデジタルシフトに伴い、「Webマーケティング」や「SEO対策」「インバウンドマーケティング」といったオウンドメディアを中心としたマーケティング施策の重要性がますます高まってきており、自社ホームページをリニューアルするなど、最適化の動きも加速しています。 しかしデジタル関連の制作作業は複雑で、担当者間のリテラシーにも差があることが多いため、Webサイト制作には失敗がつきもの。例えば「現場と経営者の考える方向性が違う」「様々な部署から要望がたくさん出てしまい、よく分からない方向に進んでしまった」「見た目は綺麗なサイトになったが、結局コンバージョンは伸びなかった」など。 そこで本記事では、日々多くのWeb担当者と接している制作会社のディレクターが経験した事例を元に、サイトリニューアルの際によくある失敗例を挙げ、成果を得るために本当に必要なことは何なのか解説します。なぜ思ったようなWebサイトにならないのか?社内の要望をどう精査し、とりまとめていくべきか?などのお悩みに対する実践的なヒントがまとまっているので、問題解決の糸口がつかめるかもしれません。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

ferretに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン