全社員リモートワーク&副業OKでも急成長する企業の秘密~株式会社キャスターが挑む働き方革命~

先日、大きな反響をいただいた働き方革命に挑むベンチャー企業12社。その12社の中でFastGrowが独自取材を行った企業にフォーカスを当てていく。初回は、全社員がリモートワークで、副業OK、給与は自己申告制、という次世代的な働き方を実践する株式会社キャスター。人事担当の勝見氏を直撃した。

2017.06.15 Thu

関連記事

働き方革命に挑むベンチャー企業12社(後編)

採用面接も全てオンライン完結

キャスターは、人事総務や経理、WEB運用やデザインなどに関する日々の業務を、自社で雇用する「リモートで働く優秀なオンラインアシスタント」に依頼できる『CasterBiz』を中心としたサービスを提供している会社である。導入実績は現在200社以上だ。

CasterBiz - オンラインアシスタントならキャスタービズ

http://cast-er.com

『リモートワークを当たり前にする』というミッションを掲げている企業として、自社でも率先してリモートワークを徹底。170名以上の全従業員がリモート勤務している。

社員の多くを占めるのは、結婚や出産、介護など個人の事情によってフルタイムで働けなくなった人や、夫の地方転勤のため大都市圏で働くことのできなくなった女性である。 中には、大企業で実績をあげてきた社員や、前職でマネジメント経験が豊富な社員もいる。

「大都市圏以外には、優秀なのにもかかわらず、スキルを活かせる企業が見つからずに困っている方がたくさんいると実感した」(キャスター人事 勝見氏)

実際に、主軸事業である『CasterBiz』の事業を統括しているのは、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。
Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから
Image Image
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。