arrow_back JOURNALNovember 2017 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01
02
closeCLOSE

【Googleも注目】ブロックチェーンを駆使し、メディアエコシステムの変革を目論む、謎の組織PUBLIQとは?

世界的にフェイクニュースが蔓延している。これはウェブメディアの収益構造から引き起こされる悪だ。しかし、ブロックチェーンによりメディアビジネスの根本を変えようと目論むフランス人がいる。世界を巡り、グローバルにメディアを変革しようとする彼が東京を訪れた。新テクノロジーはジャーナリズムにゲームチェンジをもたらせるのか。
特集 スタートアップ的メディア論考
媒体が“メディア”と呼称されるようになり、パブリッシャー業は紙からウェブへと移った。コンテンツと広告の狭間で試行錯誤する今のメディア業界とは?
17-09-11-Mon
Alexandre Tabbakh(アレクサンドル・タバック)
PUBLIQ Foundation CEO

質より量が利益を生む歪んだメディア業界

今、非営利組織PUBLIQのアレクサンドル・タバック(Alexandre Tabbakh)CEOは多忙だ。

彼はメディア業界に革新を起こすため、世界主要都市を回っている。ニューヨークではGoogleやAccenture、Barclays、Forbesといった名だたる企業の役員たちと会い、ブロックチェーンがいかにメディア業界を変革できるかを力説。

カザフスタンで行われた世界最大級のメディア討論会、ユーラシアン・メディア・フォーラムでも、CNNやAPCO Worldwide, China M&A Associationの代表を含む600人ほどを前にブロックチェーンを基盤とした新しいメディア業界の収益構造をプレゼンテーションした。

「現在のメディア業界は、読者とライターが一番の被害者だ。我々はメディアの新しい形を創造する」とアレクサンドルは言う。

インターネットの普及と共に、私たちがアクセスできる情報はとてつもない速さで増えてきた。だが全ての情報が正確かつ有益なわけではなく、偽造された情報も多い。

現在の収益構造上、一部ウェブメディアは低コスト・低品質の記事を量産することでサイトのビュー数を増やすことに専念している。1PVの元では記事のクオリティーは関係なく、クリックされるものが正義。ゴシップやアダルトなど劣悪な内容が利益を生む構造になっている。さらに、一部のメディアは1次情報に当たるのでなく、既に存在する記事の末節を変え新しい記事を作成。ウェブメディアでは質の低下と情報の重複が起こっているのだ。

一方、FacebookやTwitter、WeChatなどといったSNSは

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから