arrow_back JOURNALOctober 2017 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
closeCLOSE

「低コストで動画を量産して、面白いんでしたっけ?」プレミアム動画ビジネスの産業化を目指す、bouncyの挑戦

「テレビっ子」という言葉を耳にしなくなって久しい。今の若い世代にとってメディアといえばウェブメディアを指すことの方が多くなってきた。むしろ「スマホっ子」だ。故に動画ビジネスもスマホに移りつつある。動画メディア分野はレシピが隆盛を極めるが、次は生まれるのか?『bouncy』はどうだろう?
特集 スタートアップ的メディア論考
媒体が“メディア”と呼称されるようになり、パブリッシャー業は紙からウェブへと移った。コンテンツと広告の狭間で試行錯誤する今のメディア業界とは?
TEXT BY SAKYO KUGA@HEW
17-09-07-Thu
高橋 俊輔(たかはし・しゅんすけ)
株式会社Viibar 動画メディア事業部 執行役員 兼プロデューサー

ガジェット系動画メディア…ではない

bouncyを一見すると、ワクワクする未来を予感させるガジェットを中心としたコンテンツに目を奪われる。しかし、同メディアを運営するViibar社の動画メディア事業部、事業責任者である高橋俊輔氏は、決してbouncyがガジェットメディアではないことを強調する。

「我々が目指しているのはシェアラブルな動画で、かつ未来を感じさせるものです。そうであれば、ガジェットに限らずカルチャーだとかアート、ソーシャルグッドなどいろんなジャンルの動画を配信していこうと思っています」

現状はガジェットが中心ではあることは認めつつも、ソーシャルグッドで人気の動画だった、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから