「ITの力で儲かる農家を増やす」農業変革を推進するDeNA出身女性起業家

テクノロジーの進化にともない、デジタル技術とは縁遠いと思われていた産業が、近年、続々とITと手を結んでいる。そのうちのひとつが農業だ。ITを駆使すれば、物流や販売経路の改良はもちろんのこと、各生産者が手塩にかけて育てた米や野菜の魅力を余すところなく消費者に伝え、ファンになってもらえるのも大きなメリットであろう。その潤滑油を担うのが、オーガニック農作物の直送サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンだ。

株式会社ビビッドガーデン 代表取締役 CEO 秋元 里奈
2017.10.11 Wed

「ITの力で儲かる農家を増やす」農業変革を推進するDeNA出身女性起業家

株式会社ビビッドガーデン 代表取締役 CEO 秋元 里奈

テクノロジーの進化にともない、デジタル技術とは縁遠いと思われていた産業が、近年、続々とITと手を結んでいる。そのうちのひとつが農業だ。ITを駆使すれば、物流や販売経路の改良はもちろんのこと、各生産者が手塩にかけて育てた米や野菜の魅力を余すところなく消費者に伝え、ファンになってもらえるのも大きなメリットであろう。その潤滑油を担うのが、オーガニック農作物の直送サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンだ。

2017.10.11 Wed

特集 未来を創るFastGrower

農地をはじめとした資産運用法を学びたくて、大学では金融工学を専攻

秋元さんは学生時代から農業に興味があったのですか?

実家が農家なので、小さいころから収穫の手伝いをする機会は多かったんです。ただ学生時代は農業そのものというより、農地などの資産運用に興味を抱いていました。

なので、大学では経済学を学ぼうと思っていたんですけど、経済学部が文系って知らなくて…(笑)経済学は数字を扱うから理系、と思い込んでいたので、高校で理系を選択してしまっていたんです。

受験直前にようやく文系であることに気付き、なんとかならないかと金融工学を学べる理系学部のある大学を探していたら、慶應義塾大学の理工学部に金融工学の研究室があることがわかり、慶應の管理工学科に進みました。

しかし、その後すぐに農業の道を進んだわけではなく、卒業後は株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)に入社してサービス企画やアプリのマーケティングなどに携わり、3年半勤務しています。

私が就職活動していた当時は、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから

特集未来を創るFastGrower

特集記事一覧

Episode1
「日本のために、世界No.1の和製ユニコーン企業を創る」本気で世界を獲りに行く、ドローン界の風雲児

Episode2
「絶対勝つ!」ベンチャー投資家・木村亮介

Episode3
【起業志望者必見】凡人でも勝てる事業領域の見つけ方とは?ブロックチェーンで物流を変革する起業家からのアドバイス

Episode4
「アジアのファッションブランドを日本から世界へ」リクルートで海外勤務を経験した25歳女性CEO

Episode5
創業7ヶ月でメタップスが買収。幕末の志士の如くチャレンジを続ける23歳

Episode6
なぜ外国人なのに日本でCool-Japan産業で起業できたのか?リクルート所属ながら2社のCEOも務める華和結ホールディングスCEO王 沁

Episode7
「ITの力で儲かる農家を増やす」農業変革を推進するDeNA出身女性起業家

Episode8
「0→1よりも10→100が難しい」大ヒットゲームプロデューサーは、なぜ「Pairs」の事業責任者に転身したのか?

Episode9
「行動変革で豊かな社会を作る」予防医療を世界に広める上場経験者

Episode10
「日本酒を世界酒に」酒造領域にイノベーションを起こすBCG出身起業家

Image Image
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。