arrow_back JOURNALApril 2018 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01
02
03
04
05
closeCLOSE
INTERVIEW
佐藤 にの
17-12-19-Tue

大手企業も注目するママ目線のクリエイティブ
「ママである前に、一流のクリエイターチームでありたい」

TEXT BY MISA HARADA@HEW
PHOTO BY YUKI IKEDA
前記事
#16
連載 0→1創世記
#17
次記事
#18
#1
元SMS海外支社長が挑む! 海外不動産取引の超巨大市場を開拓するグローバルスタートアップBEYOND BORDERS
株式会社BEYOND BORDERS マレーシア支社長 玉邑 憲一 株式会社BEYOND BORDERS 代表取締役 遠藤 忠義
#2
200兆円とも言われる 「B to B受発注市場」を変革するスタートアップユニラボ
株式会社ユニラボ CEO and FOUNDER 栗山 規夫
#3
教育業界に変革を。 グリー、アドウェイズ、リブセンスなど、インターネット業界で数々のビッグサービスを生み出してきたメンバーが集まる EdTechベンチャースタディプラス
スタディプラス株式会社 営業部部長 長内 尊司 スタディプラス株式会社 For School事業部部長 宮坂 直
#4
「unisizeをECのインフラへ」 ファッションECの購入不安を解消するメイキップの野望
株式会社メイキップ 代表取締役CEO 柄本 真吾 株式会社メイキップ 取締役CFO 山本 晃央
#5
「テクノロジーで投資銀行業界に創造的破壊を」 15歳で起業した起業家が知る、投資銀行の闇
TIGALA株式会社 CEO 正田 圭 TIGALA株式会社 副社長/CFO 湯瀬 幾磨
#6
「データで医療界にイノベーションを」 医師・マッキンゼー出身者が集う情報医療(MICIN)・原が描く医療の未来図
株式会社情報医療 CEO,医師 原 聖吾 株式会社情報医療 COO 草間 亮一
#7
「物流の未来を、動かす」 社会問題にもなる巨大市場を変革するネットエイジ・マフィア オープンロジ伊藤
株式会社オープンロジ 代表取締役CEO 伊藤 秀嗣
#8
個人間送金は日本で浸透するのか? 無料送金アプリKyashが描く“価値交換”の未来
株式会社Kyash Founder & CEO 鷹取 真一 株式会社Kyash VP of Strategy 清水 一浩
#9
野性感あふれるビジネスマンへ。 Pro-D-useが考える“Made By Someoneの時代”の生き残り方
株式会社Pro-D-use 代表取締役 小笠原 亮太 株式会社Pro-D-use 取締役副社長 岡島 光太郎
#10
子ども写真を リーズナブル、ユーザーファーストに CELEBABYが変える親子の思い出アルバム
株式会社RETAIL INNOVATION 代表取締役 永田 和樹 株式会社RETAIL INNOVATION 取締役 谷野 祐規
#11
国内スマートロックの第一人者フォトシンス河瀬、さらなる“発明”を予告 「未来を思い浮かべて未来を作る」
株式会社フォトシンス 代表取締役社長 河瀬 航大 株式会社フォトシンス 共同創業者 小林 奨
#12
世界のイノベーションを加速させる、 多彩なキャリアのプロフェッショナル集団アスタミューゼ
アスタミューゼ株式会社 事業開発部部長 嶋﨑 真太郎 アスタミューゼ株式会社 開発・インフラ部部長 並河 祐貴 アスタミューゼ株式会社 テクノロジーインテリジェンス部リーダー 酒井 康博
#13
MAKERS UNIVERSITY卒業起業家! 日本の観光産業拡張を目指す“結.JAPAN”
株式会社結.JAPAN CEO / Co-Founder 中山 雅久理 株式会社結.JAPAN 共同創業者 府川 勇介
#14
「皆が挑戦する世界は正しい」 Tryfunds丹野が掲げる挑戦し続ける経営
株式会社Tryfunds 代表取締役社長CEO 丹野 裕介 株式会社Tryfunds 取締役CFO 白髪 亮太
#15
徒歩5分以内の見つからないをなくす? tritrueの超ズボラ社長が目指す検索の新しいカタチ
株式会社tritrue 代表取締役 寺田 真介 株式会社tritrue マーケティングゼネラルマネージャー 原嶋 宏明
#16
目指す世界はデベロッパーの理想郷。 クラッシュ解析でエンジニアを沸かすソニー出身起業家
FROSK株式会社 代表取締役社長 中尾 憲一 FROSK株式会社 CMO兼事業推進部部長 吉井 文学
#17
「M&A業界に価格破壊を起こす」 ──「M&Aクラウド」がITの荒野を切り開く
株式会社M&Aクラウド 代表取締役COO 及川 厚博 株式会社M&Aクラウド チーフエンジニア 荒井 和平
#18
「“お金くらいのこと”でつまらない人生を送ってほしくない」 住宅ローン比較のWhatzMoneyがお金の問題をフラットにする
WhatzMoney株式会社 代表取締役 前田 一人 WhatzMoney株式会社 営業部営業推進責任者 才田 敦士
#19
「日本が好きだから、まずは世界を盛り上げる」 ──ベトナム発グローバルベンチャーICONIC安倉流“世界の捉え方”
株式会社アイコニックジャパン 代表取締役社長 安倉 宏明
#20
Tinderみたいにカジュアルに転職活動 リクルーティングアプリ「GLIT」を生んだCaratのハイペースな事業構想の理由は?
株式会社Carat 代表取締役社長 松本 直樹 株式会社Carat 取締役兼最高技術責任者 齋藤 陽介
#21
大手企業も注目するママ目線のクリエイティブ 「ママである前に、一流のクリエイターチームでありたい」
マムズラボ株式会社 代表取締役社長 佐藤 にの
#22
「歯科業界を変革する」 エス・エム・エスマフィア海田率いる グローマスの野望
株式会社グローマス 代表取締役社長 海田 大介 株式会社グローマス キャリア事業部エリアマネジャー 坂本 城也
#23
「価値の交換をシンプルに」 BASE鶴岡と藤川の異世代タッグが引き寄せる“便利な未来”
BASE株式会社 CEO 鶴岡 裕太 BASE株式会社 CTO 藤川 真一
#24
「夢追う人をサポートしたい」 完全食COMPを世界に広める最強の5人衆
株式会社コンプ 代表取締役CEO 鈴木 優太 株式会社コンプ マネージャー 荒井 宏之 株式会社コンプ 福田 千里 株式会社コンプ 田中 宏樹 株式会社コンプ CTO 萩野 貴拓
#25
ダズルが国内VR業界で「ちょっと未来」を創る ──新興市場でも“地に足付いた”ビジネスモデルの創り方
株式会社ダズル 取締役COO 出口 雅也 株式会社ダズル 採用・広報チーフ 川上 紗耶
#26
「ゲノムはいま90年代のインターネットと同じ」 AWAKENS高野、ゲノム事業を “今”始めるべき理由を語る
AWAKENS, Inc. CEO 高野 誠大 AWAKENS, Inc. CTO 沼倉 健介
#27
スキルのフリーマーケットは なぜ500円均一でローンチされ、 どうやって「ニワトリ卵問題」を越えたのか?
株式会社ココナラ 代表取締役 南 章行
#28
CtoBtoC!?が流通を最大化させる ──ジラフが“ものの売り買い”を変える
株式会社ジラフ 代表取締役社長 麻生 輝明 株式会社ジラフ CFO・管理統括部長 中井 基樹
#29
「不動産業界は“情報の非対称性”が著しい」 マンションマーケットが描く、 消費者の力を強くする業界変革手法
株式会社マンションマーケット 吉田 紘祐
#30
きっかけは“物乞い親子の死”。 アッション木下が “貧困撲滅”を目指す理由
株式会社アッション 代表取締役 木下 洋平
#31
自由な働き方を目指すからこそ、 まず自分たちが体現する。 18人の複業集団企業が見据える仕事と人生の未来
Spacelook株式会社 谷口  怜央 Spacelook株式会社 岩本  卓也
#32
コモディティ化した“車”を 最高のエンターテインメントに! MiddleFieldが目指す自動車業界の刷新
MiddleField株式会社 CEO 中山  翔太 MiddleField株式会社 COO 片岡  伶介
#33
“課題のユニークさ”こそ起業家の魂。 Cansell山下の常識を超える事業構想法
Cansell株式会社 代表取締役 山下 恭平
#34
建築×VRで急成長のDVERSE。 将来はコミュニケーションを変革する?
DVERSE Inc. CEO/Founder 沼倉 正吾 DVERSE Inc. CTO 高田 知典

在宅型のマーケティング・クリエイティブチームであるマムズラボには、
デザインやライティング、PRを中心に約170名のフリーランスの子持ちの女性が所属している。

クリエイティブ業界で“フリー”、そして“母親”となると、
どうしても「安く使える人材」と見なされることが多い中、
大手企業から多くのプロジェクト依頼が集まるマムズラボの強みとは?

佐藤 にの (さとう・にの)
マムズラボ株式会社 代表取締役社長
佐藤 にの (さとう・にの)
2003年よりフリーランスとして音楽イベント・音楽専門情報誌の発行・企画運営チームの立ち上げの他、フリーの編集ライターとして女性誌やママ向けWebサイトなどで執筆活動・キャスティング業などを手がける。 2014年、全国フリーランスママの制作コミュニティを立ち上げ、2016年よりSBヒューマンキャピタルと共同で「マムズラボ」として事業化。2017年7月より法人化し代表取締役に就任。 一般社団法人JAPAN FAMILY PROJECT代表理事/一般社団法人Stand for mothers理事
代表取締役社長
閉じる

子どもがいると人材価値が上がらない?

佐藤子どもを授かり、喜びを感じる反面『私は仕事して生きていきたいのに、働けなくなってしまった』と一瞬でも考えてしまった。働けなくなってしまってごめんなさいって感じてしまう自分が嫌でした。妊娠したことで働き続けられなくなる環境があるなら、少しでも変えたいと思ったんです。

音楽、とくにブラックミュージックを愛する佐藤は、アパレル会社勤務から海外留学を経て、音楽専門会社に入社。イベンターやプロモーターとして業界にどっぷり浸かっている中、妊娠が判明した。

制作業界の裏方というのは時期により稼働量に大きな差があり、深夜帯業務が特に多い風土だったこともあり、育児との両立が難しい。子どもを抱えていると、会社に迷惑をかけるかもしれない、迷惑をかける自分でいたくない──。妊娠がわかった佐藤は苦しんだ。

正社員になる以前はフリーランスで活動していたため、2人目妊娠のタイミングで佐藤は再びフリーに戻る。それからはママ雑誌のエディター兼ライターとして稼働するようになったが、今度は新たな壁に突き当たった。

佐藤もう少し仕事に上流から関わりたくても、『フリーランスだから』や『お子さんいらっしゃるんですよね』っていう言葉で意欲を削がれることが多かったんです。音楽業界とファミリー業界、ママ業界とジャンルは違えども、フリーランス1人では、できることに限界がありました。

そこで佐藤は、フリーランスの仲間で集まり、任意団体を立ち上げる。その結果、“仕事の上流”に多少近づくことはできたが、それでも任意団体は任意団体なりの仕事しかできない。

また、育児のバックアップ体制は用意していたものの、やはり法人でないと受けられる仕事、頼まれる案件にも限界があった。

そんなとき、当時ソフトバンクグループの子会社で人材ビジネスを手がけるSBヒューマンキャピタルに所属していた現・マムズラボ代表取締役副社長の武田に「ママの働き方を変えていく新規事業を起こしたい」と声をかけられた。

その縁がきっかけとなり昨年16年4月、「経営目線があって、人間関係に対して誠実な人」と評する武田と共に、佐藤はSBヒューマンキャピタルの1事業としてマムズラボを正式に立ち上げた。

今年17年7月にはSBヒューマンキャピタルの子会社として法人化。法人格を持ったこととソフトバンクグループのバックアップ体制のおかげで、案件やクライアントの幅も一気に広がった。

武田いわく、佐藤と新規事業をすることに決めたのは、「世界を広げていこうとしていたから」。多くのママコミュニティのリーダーと会う中で、佐藤の、積極的に新しい何かを仕掛けようとする姿勢は魅力的に映った。

ママである前に、一流のクリエイターチームであれ

佐藤は、「『ママを活用するための仕事』ではなく、プロとして質の高いアウトプットを実現して、『これ、実はママが作ってるんです』という世界を実現したい」と語る。

まずクオリティの高い成果があった上で、その次にママという属性が来るというのだ。だからこそ創業時は、社名に“ママ”を冠するべきか否かで議論が持ち上がった。

議論を経てマムズラボという社名に決定したのは、“ママが組織の脇役ではなく主役としていられる”という点を明確にしたかったからだ。

クリエイティブ業界において“子持ちのフリーランス女性”というのは、「時間に融通を利かせる代わりに、安く仕事を請け負ってくれる人材」とみなされてしまうことが多い。

しかし、“ママである前にまず、一流のクリエイターチームである”というマムズラボの姿勢が評価され、これまでJR東日本の子育て支援施設100か所達成記念イベントのクリエイティブ制作や企画運営などの大きな仕事も担当することができた。

他にも自治体からの地方創生プロジェクトや、ママ向けの商品を展開する「Hello Angel」での新商品開発プロジェクト、ミズノやLIXIL住宅研究所(アイフルホーム)など大手企業のプロモーションなども手掛けている。

子持ち女性のネットワークを持っていることを強みにしている会社は多いが、その中でもマムズラボが武器にしているのが、子持ち女性たちが“チーム”として仕事の上流工程からコミットメントしていける点である。

クライアントからよく聞くのが、「ママの意見の取り上げ方がわからない」という声だ。メイン消費者は30、40代の女性なのに、彼女たちがどんなものを求めるのかわからない。

そんなふうに悩む企業にとって、優秀なクリエイターであり、当事者として30、40代の女性目線も持ち合わせるマムズラボのクリエイターたちのアイデアやクリエイティブは、大きな助けになっている。

「これをやってほしい」ではなく「こういうことをしたいのだけど、どうしたらいいだろう?」という上流の構想段階からクライアントに関わっていけること、そして、そのような上流からクライアントの課題を解決できる経験者のみが集まっているという2点は、類似のクラウドソーシング・サービスとの違いでもある。

クライアントのモヤモヤを言語化して、解決までの筋道を示した上で、実行に移していく。マムズラボの仕事は、例えるならば「ママ向けに商品・サービスを展開したい企業のハッカソンをずっとやっている感じ」だという。

佐藤ママは安価で便利な人材と見なされがちな風潮は現在でも根強くありますが、マムズラボが、決してロープライスでないにも関わらず仕事をいただいているのは、制作物や仕事に対するプロとしての姿勢やこだわりを評価してもらっていることに加え、ママにしか持ちえない消費者としての目線を持ち合わせているからだと思います。

クリエイターたちのスキルアップも支援する社内制度

在宅型フリーランスであってもチーム体制を強固なものとするために、Skypeなどを駆使して情報共有はこまめに行っている。

フリーランスとして仕事をしていると、直接の担当者以外とは人間関係が発生しないため孤独感が募っていく場合もあるとはよく聞く話だが、マムズラボに所属している限りは無用の心配だ。

マムズラボは、メンバー登録の条件を「3年以上の実務経験があること」と定めている。確かなスキルがあるクリエイターにだけジョインしてもらうための条件だが、一方で、“スキルアップの支援”も大きなキーワードにしている。

フリーランスかつ子持ちとなると、勉強する時間はかなり限られてしまう。だからこそマムズラボでは、メンバー同士でこれまでのノウハウを惜しみなく共有する。

「本当はデザイナーになりたかった編集経験者が、マムズラボの仕事を経て、デザイナーとして独り立ちできた」というエピソードもあるという。

佐藤今まで自分の積んできたキャリアが出産によって中断されて消沈するママたちにとっては、評価されることがすごくモチベーションになります。

“家で働く”という環境さえ整えられれば、彼女たちは、愛を持って仕事に臨むことのできる息の長い人材となり得ます。そもそも働き盛りの30、40代の女性を起用していかないのは、社会的損失も人材的損失も大きい話ですよね。

すごく優秀な方でも在宅でできる仕事がないから働けないという現実がある中で、私たちは『どんな雇用形態でも働き方でも、仕事ができますよ』とお伝えする役割を負っているのかもしれません。

マムズラボは今後、企業や一般消費者から「マムズラボの名前がクレジットされているなら安心だ」と思ってもらえる、いわば“目利き”として信頼される存在になることを目指していく。

そのための施策の1つが、同社が一般社団法人JAPAN FAMILY PROJECTとともに開催する首都圏最大級のファミリーイベント「かぞくみらいフェス」だ。

それに加えて、(17年)11月1日、転職エージェント「フレックスワーク」をスタートさせた。こちらはママや在宅フリーランスに加えて、時短や副業、シニアとさらに多様な働き方を支援する。

佐藤は、「ママに限らず、家庭の事情や個人の事情で働きたくても働けない人を0にしたい」と最後に語った。

佐藤自分の子どもたちが大人になったときのためにも、多様な働き方や生き方の中から自分に合ったものを選べる時代を作っていきたいという気持ちがあります。

私含めマムズラボのクリエイターたちは、我が子に、自分の生き方を背中で伝えることが働く喜びのひとつ。『こういう生き方もあるし、どんな就労の形でも未来は拓けるよ』ということを伝えていきたいと思っています。

前記事
#16
連載 0→1創世記
#17
次記事
#18
[文]原田 美紗@HEW
[撮影]池田 有輝
関連記事
注目の連載
関連企業
記事一覧にもどる