3回答

2021年の国内SaaSはどのような変化、トレンドが生まれそうでしょうか?(SaaS×マーケットプレイスなど)

質問

2021年の国内SaaSはどのような変化、トレンドが生まれそうでしょうか?(SaaS×マーケットプレイスなど)

回答
回答掲載日
2021.02.08
湊 雅之

東京工業大学工学部・同大学院卒(工学修士)。米カーネギーメロン大学経営大学院卒(経営学修士)ボストンコンサルティンググループにて国内大手企業の中期経営計画の策定やトランスフォーメーションの実行支援の戦略コンサルティング、独化学大手BASFにてエンタープライズ営業および新規事業開発に従事したのち、VCの世界へ。STRIVE(旧GREE Ventures)、Salesforce Ventures、DNX Venturesにて、日本のB2B/SaaSスタートアップ約40社へのVC投資および成長支援を担当。ロンドン在住。過去の投資実績は、ココペリ、コミューン、イエソド、エンペイ、カウリス、アガサ、Resily、MyReferなど。

「リモートワーク」は2020年に続きSaaSの大きなテーマになりますが、私個人が注目しているトレンドは、「バーティカルSaaS」と「SaaS×フィンテック」です。

1つ目の「バーティカルSaaS」は、小売や建設業のように、コロナで働き方や事業運営を大きく変えざる得ないデスクレスワーカー向けSaaSや、ECに代表される、コロナによって急激に成長した産業のバックエンドを支えるSaaSが成長が見込めると思います。

2つ目の「SaaS×フィンテック」は、収入/支出管理とペイメントを組み合わせたようなSaaS、もっと踏み込んで決済履歴データ等を活用したレンディングを提供するSaaSも多く出てくると思います。この点は、政府のキャッシュレスの推進もありますが、コロナによって消費者のキャッシュレスへの意識が変わったことも大きなトリガーになってると思います。

回答の続きをみる

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン