「行動変革で豊かな社会を作る」予防医療を世界に広める上場経験者

内定者インターンから足掛け7年務めたリアルワールドで上場を経験後、それまでとはまったく異なる「予防医療」という領域へ足を踏み入れた金谷義久氏。これまでのキャリアとは全く異なるように見える予防医療の領域に、彼はなぜ足を踏み入れたのだろうか。

メディカルフィットネスラボラトリー株式会社 取締役最高執行責任者 金谷 義久
2017.10.13 Fri

「行動変革で豊かな社会を作る」予防医療を世界に広める上場経験者

メディカルフィットネスラボラトリー株式会社 取締役最高執行責任者 金谷 義久

内定者インターンから足掛け7年務めたリアルワールドで上場を経験後、それまでとはまったく異なる「予防医療」という領域へ足を踏み入れた金谷義久氏。これまでのキャリアとは全く異なるように見える予防医療の領域に、彼はなぜ足を踏み入れたのだろうか。

2017.10.13 Fri

特集 未来を創るFastGrower

金融志望から一転してベンチャーへ

まずはリアルワールド入社のきっかけを教えてください。

私は大学では応用数理学科に所属していたんですが、周りの友だちのほとんどが数学博士や教授を目指していて、大学1年生までは私自身も同様の進路を考えていました。

しかしあるとき、「俺ら、全員同じ道に進んで、面白いことできんのか?違う道、ビジネスに精通することも必要だろう」、ということに気付いて方向転換したんです。

自分はビジネスで、友人はアカデミックの分野でトップになって、数十年後にコラボレーションして社会にインパクトを与えられたら面白いな。そんな風に考えて、大学3年生から就職活動をスタートしました。

しかし、最初は何をしたらいいのかさえわからず、友人から面白い学生が集まっていると聞いたGoodfindにお世話になることにしたんです。

当初は自分が金融工学を学んでいたこともあって金融の世界に行くことを考えていたんですけど、色んなセミナーや説明会で様々な思考の人と話すうちに、「視野が狭かったな」、「ビジネスの世界で突き抜けるための手段として正しいのかな」、と自分自身のやりたいことを見つめ直しはじめました。

そんなとき、Goodfindの講師の方から、「誰も挑戦したことがない領域に取り組むベンチャーならチャレンジしがいがあるし、やりがいを感じられるんじゃないか?」とアドバイスをいただいたことがきっかけでベンチャーに興味を持ち、どんなものか見てみようと思いました。

その後、複数社の短期インターンや説明会に参加してわかったことは、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから

特集未来を創るFastGrower

特集記事一覧

Episode1
「日本のために、世界No.1の和製ユニコーン企業を創る」本気で世界を獲りに行く、ドローン界の風雲児

Episode2
「絶対勝つ!」ベンチャー投資家・木村亮介

Episode3
【起業志望者必見】凡人でも勝てる事業領域の見つけ方とは?ブロックチェーンで物流を変革する起業家からのアドバイス

Episode4
「アジアのファッションブランドを日本から世界へ」リクルートで海外勤務を経験した25歳女性CEO

Episode5
創業7ヶ月でメタップスが買収。幕末の志士の如くチャレンジを続ける23歳

Episode6
なぜ外国人なのに日本でCool-Japan産業で起業できたのか?リクルート所属ながら2社のCEOも務める華和結ホールディングスCEO王 沁

Episode7
「ITの力で儲かる農家を増やす」農業変革を推進するDeNA出身女性起業家

Episode8
「0→1よりも10→100が難しい」大ヒットゲームプロデューサーは、なぜ「Pairs」の事業責任者に転身したのか?

Episode9
「行動変革で豊かな社会を作る」予防医療を世界に広める上場経験者

Episode10
「日本酒を世界酒に」酒造領域にイノベーションを起こすBCG出身起業家

Image Image
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。