「欲しい人がいるか」より「どう欲しい人を増やすか」。顧客が自然と応援したくなるブランドとは #CXDIVE|XD

それは通常のビジネス系トークイベントとは少し異色な風景だったかもしれない。オフィスの一画に敷いた人工芝には、ハンガーラックにはスウェットやTシャツを並べ、テーブルには数種類のチョコレートの試食を置いた。来場者はピクニックのように芝の上に座ってもらう。2019年7月22日に開催した「CX DIVE Crossing」の会場風景だ。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン