問題解決能力を格段に上げる「構造化思考」のコツと具体的な実践方法 - GIGAZINE

かつてGoogleは面接で「スクールバスにゴルフボールは何個入るか?」「全世界でピアノの調律師は何人いるか?」といった奇妙にも聞こえる質問をしていたとして話題になりました。このような質問は求職者を焦らせるためのものではなく、構造化された思考ができるかどうか、論理を使って現実的な推論ができるかどうかを試すものだったと考えられています。過去に得た知識に頼らず質問と論理を重ねることによる問題解決を図る「構造化思考」(Structured Thinking)の具体的な身に付け方を、Eラーニング「Four Minute Books」CEOで「Better Marketing」創業者・編集者でもあるNiklas Göke氏が論じています。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります