次のSkypeはどれだ!スタートアップ大国エストニアの注目企業9選

人口わずか130万人、国土面積は九州ほどの小国にも関わらず、Skypeを筆頭に世界にその名を轟かすスタートアップを生み出すエストニア。国を挙げてIT化を推し進め、起業家育成にも力を入れる同国には、”e-Estonia”という呼び名すらついている。今回はFastGrow注目の、エストニア発スタートアップを9社紹介しよう。

2017.06.20 Tue

注目のエストニア発スタートアップ9選

※社名ごとアルファベット順

有休駐車スペースをドライバーに共有。IoTで社会インフラ課題を解決する

IoTを活用し、エストニアの首都タリンにおいて使用されていない個人や企業所有の駐車スペースをドライバーに貸し出すサービスを提供するBarking

ユーザーはモバイルアプリを通して駐車場の検索、電子ゲートの操作、支払いが行える。

かつてタリンには人口約42万に対して駐車スペースは1万5000台分しか無く、駐車料金はヨーロッパで最も高額だった。

そんな状況下で、有休スペースの有効活用と駐車料金の値下げを目的として創業したBarkingは、これまでに新たに5000台分の駐車スペースを創出し、市民の駐車コストを合計15万ユーロ節約した。

2015年創業。これまでに26万ドルを調達。

Barking app

https://barking.ee/barking-app/?lang=en

同じ部屋にいるかのような快適さを。リモートチームの協働作業をシンプルに

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。
Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから
Image Image
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。