書くはスポーツと同じくらい広いこと

この「ライター」という肩書きに違和感を覚えたことはありませんか? 日本語にすると「書き手」かな? だとすると「運動する人」みたいなものですよね? え、めっちゃ意味広くない? ……ということに気づくまで、わたしは時間がかかり、書き手としてのキャリアを迷走した経験があります。 わたしがライターだと思っていたあのお姉さんは、エッセイストでもありました。 わたしがライターだと思っていたあのお兄さんは、ジャーナリストでもありました。 わたしが書く仕事を志したとき「ライターといっても種類があるんだろうな」となんとなく思いながらも、「まあサッカーにポジションがあるようなものだろう。とりあえずサッカーチームに入ってからポジションを考えればいいや」そんな心意気でした。 でも、間違っていたのです。 「書く仕事」は「スポーツ選手」と同じくらい広い。 似たように見えた書き仕事は、近づいてみるとサッカーと柔道くらい違ったのです。必要な知識も技術もルールも全く違ったのです。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

WORK MILLに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります