arrow_back JOURNALNovember 2017 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01
02
closeCLOSE

【起業志望者へ】世界中の起業家ネットワークが手に入る!卒業生が語る、バブソン大MBAが起業に役立つ理由とは?

「起業するなら1秒でも早くしろ」。今回の特集で取材した海外大MBAホルダーの起業家や経営者からは、そんな声も聞こえてきた。しかし、「MBAを取得したからこそ起業してうまくいっている」と語る、バブソン大学でMBAを取得した男性がいた。その胸中とは。
特集 MBA再考
目まぐるしく変わる現代においてMBAはキャリアにとって有益なのか。
17-09-06-Wed
田中 大貴(たなか・だいき)
D-matcha株式会社 代表取締役社長

なぜ経営者としての経歴を持ちながら海外MBAを取得したのか?

「ハブソン大学MBAに行かなければ今のビジネスはできなかった」

そう語るのはD-matcha株式会社・代表取締役社長を務める田中大貴。

彼はアントレプレナーシップの分野で世界トップクラスの評価を得ている、米国バブソン大学でMBAを取得。しかしMBA留学以前に、株式会社Doughnut Plant Tokyo(以下ドーナツプラント)の代表取締役社長として既に経営再建を行った経歴を持っていた。なぜ彼は経営者としての経歴を持ちながらバブソン大学でのMBA留学という選択に至ったのだろうか。

田中のMBA取得の動機を聞いていくと、当初は必ずしもMBA取得を目指していたわけではない、ということが明らかになってきた。

起業家になりたいという固い決意を元に就職

就職活動当時、競争の厳しい環境に身を置き、ビジネススキルを磨きたいと考え、コンサルティングファームであるブーズ・アンド・カンパニー(現Strategy&)に新卒入社。ところが、リーマンショックによる不況により、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから

MBA再考

目まぐるしく変わる現代においてMBAはキャリアにとって有益なのか。