ITで未知の化合物を作り出し、薬のなかった疾患に希望の光を!~「薬」となりうる「未知の化合物」を作り出す「IT創薬」とは~ : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

膨大な手間と時間、そしてコストのかかる新薬の開発。ICTを用いて少しでも早く、効果的に新しい薬を作ろうという「IT創薬」のもう一つの重要な役割が、未知の化合物を作り出して、治療法のない疾患の治療に役立てることです。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります