脳とコンピューターの「接続」で始まる、人類の進化の新しい形(後編)

エリック・リューサート医師は寝たきりのてんかん患者12人に依頼し、部屋に閉じ込められて発作の発症を待つ退屈な状態のときに、各患者に比較的単純な子音・母音・子音の構造を持った言葉、たとえば「bet...…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

NewsPicksに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります