PICK UP
| AMP

Amazon、簡単な購入体験を提供する"Amazon Pay新機能"を発表 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」が、10月8日(火)より、ユーザーの快適なオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」の提供を開始することを発表した。 「Web接客型Amazon Pay」とは Web接客型Amazon Payは、オンラインショッピングサイトにおいて新規のユーザーがより少ない情報入力で買い物ができるよう、配送先情報やクレジットカード情報の入力フォームに登場するポップアップウィンドウやチャット内などで、Amazonアカウントを使って簡単にログイン・支払いができることを提案する新機能。 Amazon Payによる簡便な購入方法をWeb接客手法によって案内することで、情報入力に負担を感じているAmazonアカウントをもつユーザーにスムーズで快適な買い物体験を提供するという。 また、オンラインショッピングサイトを運営する事業者はこの機能を活用することで、自社サイトにおける新規ユーザーの利便性を高めることができ、入力フォームの離脱率の改善が期待されるとしている。 「Web接客型Amazon Pay」の表示例 購入方法選択画面で、「会員登録せずに購入」を選択。 入力フォーム画面において、簡便な購入方法を案内するメッセージが適切なタイミングで登場。 さらに、Amazon Payによる簡単な購入体験を提案するポップアップウィンドウが登場。 アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 本部長の井野川 拓也氏は、 「この度、Web接客型Amazon Payの提供を開始することができ、大変嬉しく思っております。この新機能により、初めて訪れるオンラインショッピングサイトにおいてお客様のお買い物体験がより良いものになり、その結果、自社サイトを運営される事業者様の事業の成長を支援できるものと思っております。引き続き、Amazon Payはサービスの向上に努めてまいります。」 と述べている。…

関連タグ