人材の最適配置で、新産業・新しい社会づくりを加速する。

スタートアップ・ベンチャー企業にとって人材採用は最重要課題だ。そんな領域で10年以上に渡り、高い価値を出し拡大し続けてきた稀有な会社がスローガンだ。ベンチャーを「支援する側」の会社でありながら、自らもベンチャーとして事業を拡大する同社の本質に迫ってみた。

スローガン株式会社 代表取締役社長 伊藤 豊
Photo by SHINICHIRO FUJITA
2017.04.04 Tue

人材の最適配置で、新産業・新しい社会づくりを加速する。

スローガン株式会社 代表取締役社長 伊藤 豊

スタートアップ・ベンチャー企業にとって人材採用は最重要課題だ。そんな領域で10年以上に渡り、高い価値を出し拡大し続けてきた稀有な会社がスローガンだ。ベンチャーを「支援する側」の会社でありながら、自らもベンチャーとして事業を拡大する同社の本質に迫ってみた。

2017.04.04 Tue

prologue

南青山2丁目の外苑の銀杏並木と青山通りの交差点に、スローガン株式会社がある。創業から12年目を迎えるスローガンは、スタートアップという言葉が普及する前である2005年末から事業を開始し、日本におけるスタートアップシーンの拡大とともに、成長を続けてきた。「人を軸にした産業創出エコシステムをつくる」というビジョンのもと、青臭く硬派でちょっと不器用に事業に邁進する集団。そんなスローガンの創業者であり代表取締役社長の伊藤豊に、これまでを振り返ってもらい、今後の展望について語ってもらった。

小さくても良いから社会的意義のあることをやると決めてスタート。

「なぜ起業したのか?」

この質問は何度も聞かれている質問だろうが、嫌な顔ひとつせずに伊藤は話し始めた。

伊藤 「もともと起業なんてするつもりはなかったのですが、

この記事の続きを読むには
「無料会員登録」または「ログイン」が必要です。

Facebookで登録・ログインする
メールアドレスで登録する場合はこちらから
Image Image
FOLLOW US

インタビュー、リサーチ記事の更新情報をいち早くお届けします。