イェール大学准教授・伊神氏が語る、「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明とは? | Biz/Zine(ビズジン)

 一度は業界トップの座にあった優良企業が技術革新に失敗し、その地位を失ってしまうのはなぜなのか──。ハーバード大学のクレイトン・クリステンセン教授がこの問いを提起した『イノベーションのジレンマ』(翔泳社 原題:The Innovator’s Dilemma)は、日本でも幅広く読まれている。  クリステンセン教授が経営学の視点から分析した問いを、データを用いて“経済学的”に解明するという難題に取り組んだのが、イェール大学准教授の伊神満氏だ。その内容は、先ごろ刊行された『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』(日経BP社)に分かりやすく解説されている。同氏の研究業績(シカゴ大学の学術誌からの論文刊行)にいち早く目を付けた文部科学省の科学技術・学術政策研究所によって、同氏は2016年度の「科学技術への顕著な貢献」(ナイスステップな研究者)賞を授与された。本記事は、その記念に行われた講演の内容をレポートする。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

Biz/Zineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります