大人でも4割が習い事を経験。リカレント教育が盛り上がるなか、10,000人調査の習い事事情にみる | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

大人になってからさまざまな習い事を始める人が増えている。フィットネスやオンライン学習の英会話など、関連する広告をみかける機会も多い。働き方改革の一環として、国としても「リカレント教育」に注目している。 そんな中、大人たちなぜ習い事をはじめ、実際どんな習い事に人気が集まっているのだろうか。またオンライン学習というかたちをとった新しい習い事は、今の大人たちにどの程度浸透しているのだろうか。 大人になってから習い事を経験した人は4割。スキルアップを理由にあげる人が6割。 (※) インターネットを使ったマーケティングリサーチを得意とする株式会社マクロミルでは、2018年7月、全国の男女10,000人に大人になってから習い事をした経験があるかを、またそのうち現在習い事をしている男女1,000人に習い事サービスの利用状況を聞いた。 その結果、大人になってから習い事の経験があると答えたのは全体の39%にのぼり、現在も継続中と答えたのは16%だった。大人になっても習い事で何かを学びたいと考える人は多いようだ。 (※) では、大人が習い事を始めるのはなぜだろうか。 現在習い事をしている男女1,000人に聞いたところ、最も多かったのは「スキルアップ・自分磨きのため」(62%)で、「あたらしいことを始めたくなったため」(38%)、「息抜き・ストレス解消のため」(34%)、「生活を充実させるため」(32%)がそれに続いた。 高い意識をもって習い事にのぞむ大人や、今の生活を変えるために習い事をはじめる大人が多いことがわかる。 「スポーツ・フィットネス(37%)」が最も人気の高い大人の習い事 (※) それでは大人はどんな習い事を選ぶことが多いのだろうか。現在習っている習い事の種類を聞いたところ「スポーツ・フィットネス(ゴルフ、テニス、ヨガ、トレーニングなど)」(37%)が最も多かった。次に「語学系(英会話、その他言語)」(23%)や、「音楽系」(15%)が続いた。大人は、さまざまな種類の習い事に取り組んでいることがわかる。 習い事にかける金額は、毎月10,000円未満の大人が7割 (※) 次に習い事にかける1ヵ月当たりの金額を聞いたところ、「3,000円~5,000円未満」(32%)、「5,000円~10,000円」(32%)が最も多く、10…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

AMPに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります