「スケール・ディーパー」こそ、日本のこれからを明るくするアントレプレナーである | Biz/Zine(ビズジン)

 日本は「スケール・ディーパー」のパラダイスになる!  人口減少、高齢化、空き家問題――日本は「課題先進国」と呼ばれ、先行きにネガティブなイメージを持つ人々が増えています。一方、課題を事業機会に変えることで成長を遂げる企業や人も、実は続々と誕生しています。特に、日本の端っこ(エッジ)に追いやられがちなローカル(地方)では、課題が山積みであるからこそ、むしろ世界のどこよりも早く難関な課題を解決でき、世界のエッジ(最先端)なイノベーションが生まれる可能性があります。  成長する彼らに共通するキーワードは、「スケール・ディープ」。社会課題を解決する方法の一つだと考えています。本連載では、運用会社でアナリストとして働く栗岡大介が日本各地でスケール・ディープする人々「スケール・ディーパー」を紹介し、日本のこれからの可能性を探ります。今回はその前提として、「スケール・ディープの概念」、「スケール・ディーパーの特徴」について説明していきます。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

Biz/Zineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります