富士フイルムが明かす、破壊的イノベーションとBtoBマーケティングのあるべき姿|マーケティング|IT製品の事例・解説記事

富士フイルムは年代前半、かつて中核事業であった写真フィルムによるビジネスの売上のほとんどを失った。だが、写真で培った独自技術を他分野に展開することで、現在も成長を続けている。同社は、いかにして破壊的イノベーションの時代に立ち向かってきたのだろうか。月日に行われた「顧客と深くつながるために - BtoBマーケティング最新手法と先進事例」では、富士フイルム デジタルマーケティング戦略推進室長 板橋祐一氏が、同社のデジタルマーケティング戦略を踏まえて語った。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in