arrow_back JOURNALApril 2018 arrow_forward
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01
02
03
04
05
closeCLOSE
INTERVIEW
鶴岡 裕太 藤川 真一
17-12-27-Wed

「価値の交換をシンプルに」
BASE鶴岡と藤川の異世代タッグが引き寄せる“便利な未来”

TEXT BY FastGrow Editorial
PHOTO BY YUTA KOMA
前記事
#20
連載 0→1創世記
#21
次記事
#22
#1
元SMS海外支社長が挑む! 海外不動産取引の超巨大市場を開拓するグローバルスタートアップBEYOND BORDERS
株式会社BEYOND BORDERS マレーシア支社長 玉邑 憲一 株式会社BEYOND BORDERS 代表取締役 遠藤 忠義
#2
200兆円とも言われる 「B to B受発注市場」を変革するスタートアップユニラボ
株式会社ユニラボ CEO and FOUNDER 栗山 規夫
#3
教育業界に変革を。 グリー、アドウェイズ、リブセンスなど、インターネット業界で数々のビッグサービスを生み出してきたメンバーが集まる EdTechベンチャースタディプラス
スタディプラス株式会社 営業部部長 長内 尊司 スタディプラス株式会社 For School事業部部長 宮坂 直
#4
「unisizeをECのインフラへ」 ファッションECの購入不安を解消するメイキップの野望
株式会社メイキップ 代表取締役CEO 柄本 真吾 株式会社メイキップ 取締役CFO 山本 晃央
#5
「テクノロジーで投資銀行業界に創造的破壊を」 15歳で起業した起業家が知る、投資銀行の闇
TIGALA株式会社 CEO 正田 圭 TIGALA株式会社 副社長/CFO 湯瀬 幾磨
#6
「データで医療界にイノベーションを」 医師・マッキンゼー出身者が集う情報医療(MICIN)・原が描く医療の未来図
株式会社情報医療 CEO,医師 原 聖吾 株式会社情報医療 COO 草間 亮一
#7
「物流の未来を、動かす」 社会問題にもなる巨大市場を変革するネットエイジ・マフィア オープンロジ伊藤
株式会社オープンロジ 代表取締役CEO 伊藤 秀嗣
#8
個人間送金は日本で浸透するのか? 無料送金アプリKyashが描く“価値交換”の未来
株式会社Kyash Founder & CEO 鷹取 真一 株式会社Kyash VP of Strategy 清水 一浩
#9
野性感あふれるビジネスマンへ。 Pro-D-useが考える“Made By Someoneの時代”の生き残り方
株式会社Pro-D-use 代表取締役 小笠原 亮太 株式会社Pro-D-use 取締役副社長 岡島 光太郎
#10
子ども写真を リーズナブル、ユーザーファーストに CELEBABYが変える親子の思い出アルバム
株式会社RETAIL INNOVATION 代表取締役 永田 和樹 株式会社RETAIL INNOVATION 取締役 谷野 祐規
#11
国内スマートロックの第一人者フォトシンス河瀬、さらなる“発明”を予告 「未来を思い浮かべて未来を作る」
株式会社フォトシンス 代表取締役社長 河瀬 航大 株式会社フォトシンス 共同創業者 小林 奨
#12
世界のイノベーションを加速させる、 多彩なキャリアのプロフェッショナル集団アスタミューゼ
アスタミューゼ株式会社 事業開発部部長 嶋﨑 真太郎 アスタミューゼ株式会社 開発・インフラ部部長 並河 祐貴 アスタミューゼ株式会社 テクノロジーインテリジェンス部リーダー 酒井 康博
#13
MAKERS UNIVERSITY卒業起業家! 日本の観光産業拡張を目指す“結.JAPAN”
株式会社結.JAPAN CEO / Co-Founder 中山 雅久理 株式会社結.JAPAN 共同創業者 府川 勇介
#14
「皆が挑戦する世界は正しい」 Tryfunds丹野が掲げる挑戦し続ける経営
株式会社Tryfunds 代表取締役社長CEO 丹野 裕介 株式会社Tryfunds 取締役CFO 白髪 亮太
#15
徒歩5分以内の見つからないをなくす? tritrueの超ズボラ社長が目指す検索の新しいカタチ
株式会社tritrue 代表取締役 寺田 真介 株式会社tritrue マーケティングゼネラルマネージャー 原嶋 宏明
#16
目指す世界はデベロッパーの理想郷。 クラッシュ解析でエンジニアを沸かすソニー出身起業家
FROSK株式会社 代表取締役社長 中尾 憲一 FROSK株式会社 CMO兼事業推進部部長 吉井 文学
#17
「M&A業界に価格破壊を起こす」 ──「M&Aクラウド」がITの荒野を切り開く
株式会社M&Aクラウド 代表取締役COO 及川 厚博 株式会社M&Aクラウド チーフエンジニア 荒井 和平
#18
「“お金くらいのこと”でつまらない人生を送ってほしくない」 住宅ローン比較のWhatzMoneyがお金の問題をフラットにする
WhatzMoney株式会社 代表取締役 前田 一人 WhatzMoney株式会社 営業部営業推進責任者 才田 敦士
#19
「日本が好きだから、まずは世界を盛り上げる」 ──ベトナム発グローバルベンチャーICONIC安倉流“世界の捉え方”
株式会社アイコニックジャパン 代表取締役社長 安倉 宏明
#20
Tinderみたいにカジュアルに転職活動 リクルーティングアプリ「GLIT」を生んだCaratのハイペースな事業構想の理由は?
株式会社Carat 代表取締役社長 松本 直樹 株式会社Carat 取締役兼最高技術責任者 齋藤 陽介
#21
大手企業も注目するママ目線のクリエイティブ 「ママである前に、一流のクリエイターチームでありたい」
マムズラボ株式会社 代表取締役社長 佐藤 にの
#22
「歯科業界を変革する」 エス・エム・エスマフィア海田率いる グローマスの野望
株式会社グローマス 代表取締役社長 海田 大介 株式会社グローマス キャリア事業部エリアマネジャー 坂本 城也
#23
「価値の交換をシンプルに」 BASE鶴岡と藤川の異世代タッグが引き寄せる“便利な未来”
BASE株式会社 CEO 鶴岡 裕太 BASE株式会社 CTO 藤川 真一
#24
「夢追う人をサポートしたい」 完全食COMPを世界に広める最強の5人衆
株式会社コンプ 代表取締役CEO 鈴木 優太 株式会社コンプ マネージャー 荒井 宏之 株式会社コンプ 福田 千里 株式会社コンプ 田中 宏樹 株式会社コンプ CTO 萩野 貴拓
#25
ダズルが国内VR業界で「ちょっと未来」を創る ──新興市場でも“地に足付いた”ビジネスモデルの創り方
株式会社ダズル 取締役COO 出口 雅也 株式会社ダズル 採用・広報チーフ 川上 紗耶
#26
「ゲノムはいま90年代のインターネットと同じ」 AWAKENS高野、ゲノム事業を “今”始めるべき理由を語る
AWAKENS, Inc. CEO 高野 誠大 AWAKENS, Inc. CTO 沼倉 健介
#27
スキルのフリーマーケットは なぜ500円均一でローンチされ、 どうやって「ニワトリ卵問題」を越えたのか?
株式会社ココナラ 代表取締役 南 章行
#28
CtoBtoC!?が流通を最大化させる ──ジラフが“ものの売り買い”を変える
株式会社ジラフ 代表取締役社長 麻生 輝明 株式会社ジラフ CFO・管理統括部長 中井 基樹
#29
「不動産業界は“情報の非対称性”が著しい」 マンションマーケットが描く、 消費者の力を強くする業界変革手法
株式会社マンションマーケット 吉田 紘祐
#30
きっかけは“物乞い親子の死”。 アッション木下が “貧困撲滅”を目指す理由
株式会社アッション 代表取締役 木下 洋平
#31
自由な働き方を目指すからこそ、 まず自分たちが体現する。 18人の複業集団企業が見据える仕事と人生の未来
Spacelook株式会社 谷口  怜央 Spacelook株式会社 岩本  卓也
#32
コモディティ化した“車”を 最高のエンターテインメントに! MiddleFieldが目指す自動車業界の刷新
MiddleField株式会社 CEO 中山  翔太 MiddleField株式会社 COO 片岡  伶介
#33
“課題のユニークさ”こそ起業家の魂。 Cansell山下の常識を超える事業構想法
Cansell株式会社 代表取締役 山下 恭平
#34
建築×VRで急成長のDVERSE。 将来はコミュニケーションを変革する?
DVERSE Inc. CEO/Founder 沼倉 正吾 DVERSE Inc. CTO 高田 知典

若き起業家と経験あるCTOの盤石な経営チーム

BASEの設立は2012年。鶴岡と藤川は以前から面識があったが、設立前後の頃は、藤川は技術顧問として週1日社内に足を運んでアドバイスする立場にあっただけだという。

鶴岡もともとは、(BASEの社外取締役である)家入さんが作ったLivertyという組織で出会いました。その後、決済というものと切っても切り離せないサービスを作ることになり、気を付けるべき点や実用的な方法などに関してアドバイスいただくようになったんです。でも週1日なので、会社として今後どうすればいいかまでは相談する時間はゼロ。創業数か月前から創業1年半くらいまではそういう関係でした。

それに対して藤川は当時、自身の会社でアプリ開発をしながら、ツイキャスを運営するモイにも所属、さらには大学院生でもあるという多忙な時期。それと並行してBASEの技術顧問も務めていた。

藤川自分も忙しい時期だったのでたまにしか会わなかったんですが、トラブルが起きたときに冷静に対処してる鶴岡の姿を見て、若いのによく乗り切るな、すごいなと思っていました。

そこからなぜ、藤川は取締役としてBASEにジョインすることになったのか。それを「CTOに打診してもらったから」とさらりと答えるのもまた、藤川らしい。

藤川CTOって誰かに認められてなれるものだから自分の意志だけではなれないじゃないですか。レアな機会だしやってみようかなと思って引き受けることを決意しました。

そう決意した藤川だが、一方で、鶴岡をはじめとする若手メンバーが多いことに対して最初は戸惑いもあったという。

藤川ほとんど20代前半のメンバーの中に一回りも二回りも違う自分が入るのはきつかったんですけど、大人が入るのも組織の未来にとってはいいかなと思って。世代を越えて新しいチャレンジを促進したい、という想いも、若い組織であったBASEのCTO就任を後押ししたのは事実です。

当時BASEは、会社自体もエンジニアメンバーも若い状態。しっかりとした実績や経験があり、組織やメンバーを引っ張っていける人がいなければ、長期的な組織拡大は厳しいなと鶴岡も考えていた。

藤川良いサービスを作るだけじゃなく、いい人材も育てるためには藤川の力が必要だった。

そんな経緯があるからこそ、藤川はCTO就任後もコードは一切書かず、開発組織全体を統括することに徹している。

藤川マネジメントに専念しますという宣言ですね。技術的な投資や判断はしますけど、もう私はプレイヤーではありません。社内のエンジニアからすると、コードは書きませんって宣言されると私とどう向き合えばいいのか、どう付き合えばいいのかわからない部分もあるかと思います。

でも、BASEを支える技術的な部分はしっかり理解してるし、他社での経験もあるから安心してなんでも訊いてください、と。自分で素早く開発する力ではなく、困ったときに頼れる人としての信頼を得られなければ、CTOとしてやっていけないですから。

実際に手を動かしていなければ開発現場の全てを理解するのは難しそうであるが、「先回りでソースコードを読み解いて課題の原因を特定するのは得意」と藤川は言う。

事実、エンジニアメンバーが藤川のそうした行動を目の当たりし、起きそうな問題を回避できたことで「若手開発陣からの信頼を得られた」と自身が実感したタイミングもあった。

ミッション実現のため迷うこと無く“ピュレカ”を子会社に

両者エンジニア出身の鶴岡、藤川の2人は、経営を共に担うメンバーとしても相性が良い。2014年末、BASEがオンライン決済サービス「ピュレカ」を買収したときは、まさにそれを証明する1つのエピソードだ。

現在は「PAY.JP」として運営している同サービスであるが、買収検討を2人で行ったとき、お互いの気持ちにズレはなかった。

鶴岡ピュレカがどんなことをやっているかはもちろん知っていましたが、買収前にもプロダクトはほとんど見なかったし、ソースコードも少し見ただけ。そこに居る(当時)2人のメンバーの醸し出す雰囲気が良かったから、一緒にやりたいと思ったんです。

会社を見に行った帰り道、藤川も同じ意見だったので、全く迷いはありませんでした。彼らの理想を形にするために、BASEが持ってる開発リソースやショップ情報、トランザクションなど、活用できるものは全部使ってピュレカをパワーアップしたいと思ったんです。

経営や開発の大先輩である藤川も、そう話す鶴岡を目の前に、「BASEの環境を活かして夢を成就できるとなれば、ピュレカメンバーも心強かったと思いますよ」と当時を振り返った。

しかしなぜ、鶴岡はそこまで決済サービスであるピュレカに注目していたのだろうか。

鶴岡オンライン決済サービスはBASE発展の延長線上になくてはならない事業でした。ですが、BASE本体ではまだまだ他にやるべきことがある状態だった。

自分たちで決済サービスを開発するには時間が足りなかったときに、ピュレカのチームに出会えた。本当に運が良かったと思う一方、なにか必然なのではないかという想いもありました。

この買収をきっかけに、「価値の交換をシンプルに」というミッション実現を加速できる体制も整っていった。

現状のBASEはネットショップ作成サービスやショッピングアプリが主なサービスだが、自社を“コマースの会社”と定義しているわけではない。鶴岡も藤川も、世の中に求められているサービスや機能があるのであれば、時代の変化に適応しながら答えていく姿勢を見せている。

鶴岡インターネットを活用することで、リアル店舗を持てずにいる事業者の方々をどうやって支援していくか、というのが大きなテーマ。例えばBASEでオンラインショップを作るとオフラインにもお店が持てる、という世界観があってもいいし、リアル店舗を作るときにBASEから店舗開設資金を借りられるシステムがあってもいいかもしれません。

直近で注力しているのは、売上が伸び悩んでいるBASEユーザーの飛躍を支援するツール開発だ。

鶴岡特定の加盟店のみが恩恵を感じられるのではなく、すべてのBASEユーザーが抱えている課題の解決につながるようなエコシステムを目指している。

BASEのためにもPHPを盛り上げたい

一方のCTO藤川は今後の目標について、BASEの更なる発展のためにも「PHP離れを防ぐこと」だと明かした。

藤川最近若い人がPHP離れしていますが、BASE社がPHPを盛り上げたいなと思っています。プログラミング言語のトレンドは日々変化し続ける世の中において、自分たちのサービスを支える技術のレガシー化を防ぎたいんです。

流行言語に若者が流れてしまうから、Googleにせよフェイスブックにせよ、大成功してるウェブ系企業って自分たちで言語を創ってしまうんですよね。だけど、5年、10年と動き続けるサービスを担うエンジニアがいなくなってしまうのは問題です。

このような“言語の流行り廃り”という壁を超え、優秀なエンジニアによってBASEのようなサービスを支え続けるために、PHPという言語自体を盛り上げていくことに挑戦したいんです。

“便利な未来”は必ず実現する

若き起業家を代表する存在として、「一部の人ではなく万人に使われるサービスを創りたい」と話す鶴岡に、BASEのような構想をどのように発想し、これから何を目指すのかと訊いてみた。

鶴岡こういう風になったら便利だよねと人が考えることは、基本的には全部実現すると思っています。世界中どこにいても家族と簡単に連絡を取れたほうが便利だし、日本でしか使えないお金と世界中で使えるお金のどちらが便利かと聞かれたら後者の方が使いやすい。

現実になるのが5年後なのか10年後なのか、という違いだけで、人々が描く“便利な未来”は現実になっていきます。その中でBASEができることは、インターネットを駆使して、世界中の人々が最適な経済活動を行える社会を創っていくことです。

藤川も「これからは自分より下の世代が新しい世界を創り上げる時代だ」と胸中を明かした。

藤川私がこれからできることは、これまで培った知識や経験で、若い世代に足りないものを補完すること。それができたら私も嬉しいし、そのような世代間の連鎖が生まれれば、社会全体をもっと活性化できると思っています。

「若い世代の力になれたら嬉しい」。藤川がこの言葉を口にするとき、まず思い浮かぶのは鶴岡なのだろう。話を訊いているこちらがそう思えるような関係を築き上げてきた2人。

今後も世代を越えた二人三脚で、“価値の交換をシンプルに”する前人未到の挑戦を続けていくはずだ。

前記事
#20
連載 0→1創世記
#21
次記事
#22
[文]FastGrow編集部
[撮影]小間 優太
関連記事
注目の連載
関連企業
記事一覧にもどる