エンジニア・投資家・サッカー選手という3つの顔を持つ男の『超戦略的生存戦略』 | SiliconValleyWorkers

本日のゲストは、ビッグデータの解析ソフトを提供する『Splunk』にてソフトウェアエンジニアを務める酒井潤さんです。 学生時代はサッカー学生日本代表としてU21の東アジア競技大会で金メダルを取得するほどの腕前を持っていたという酒井さんが、なぜエンジニアに転身し、ハワイで起業したのか。その裏に秘められたジーコ監督の教えとは何か。エンジニア・投資家・サッカー選手という3つの顔を併せ持つ男の『超戦略的生存戦略』に迫る! ▼本記事の内容 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ・アメリカで4番目に給与が高い会社「Splunk」 ・サッカー学生日本代表からエンジニアに転身 ・英語より大事な専門スキル ・流行りはIPOホッパー ・「投資・IT・サッカー」という3つの顔 ・メッセージ / ジーコ監督の教え ーーーーーーーーーーーーーーーーー 取材動画はこちら / Podcastはこちら 酒井 潤 (Jun Sakai): 1998年同志社大学神学部にサッカー推薦で入学し、在学中は大学日本代表に選出。2001年U21の東アジア競技大会で金メダルを取得。卒業後、北陸先端大の情報科学専攻で修士号を取得。NTTドコモ、ハワイでの起業を経て、米国のスタートアップに転職するもリーマンショックで倒産。その後、米国NTTi3を経て、2012年より米国Splunk, Incに勤務。仕事の傍らYouTubeでサッカー、Udemyで投資とプログラミングの講師を務める。複数書籍を出版している。 アメリカで4番目に給与が高い会社? 編集部:今Splunkではどういったことをされているんですか? 酒井さん:PythonやGoといったプログラミング言語を使って、クラウド上で提供している製品のバックエンドの開発をしています。お客さんがSplunkの製品を使う際、特有のセッティングをしたいというケースが多いので、どんなお客さんでも対応できるようにバックエンドをカスタマイズしてる感じです。 Splunkはビックデータ解析用ソフトを提供している 編集部:扱う物がビックデータだと、やはりお客さんは大企業が多いんですか?…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります