PICK UP
| Pedia News

「族長」とのコネが、アフリカビジネス攻略のキーワード【一岡亮大×正田圭対談イベント】 | Pedia News | Encyclopedia of Startup News

「アフリカで起業」といわれたとき、どのような想像が働くでしょうか。なかなかイメージがつかない場合もあれば、むしろ、想像がつかないからこそ興味が湧く場合もあるかもしれませんね。 日本とは金融事情も生活環境もまるで異なるのが、アフリカです。それでは今、アフリカではどのようなビジネスを行っているのでしょうか。 今回は、「pedia salon」の月に一度の勉強会内で、アフリカのビジネス事情について学びました。登壇者は「pedia salon」代表の正田と、アンドディー株式会社代表の一岡亮大さん。 普段はなかなか耳にすることのない意外なアフリカ事情に驚きの声が多数あがった本イベント。さっそく、イベントの様子をレポートと合わせて見ていきましょう。 「Wi-Fi」の概念がない。アフリカ到着前からギャップに驚いた 正田圭(まさだ・けい) 15歳で起業。インターネット事業を売却後、M&Aサービスを展開。事業再生の計画策定や企業価値評価業務に従事。2011年にTIGLA株式会社を設⽴し代表取締役に就任。2017年12月より、「pedia」を運営。著書に『サクッと起業してサクッと売却する』『ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい』『15歳で起業したぼくが社⻑になって学んだこと』(いずれもCCCメディアハウス刊)がある。 正田:今日はよろしくお願いします。そもそも、一岡さんはどうしてアフリカに行ってきたんですか? 一岡亮大(いちおか・りょうた) 2010年三井住友銀行入行。2011年株式会社MUGENUPを創業代表取締役社長に就任。ゲームアセット制作のクラウドソーシングサービスを中心に4年間で150名程の企業まで成長させる「Job Creation 2014」にて1位を獲得。2015年フォウンダーズ株式会社を設立代表取締役社長就任。医療法人北翔会理事就任。社会福祉法人翔陽会理事就任。早稲田大学理工学部にて起業家養成講座を行うなど、講師としても活躍中の注目のシリアルアントレプレナー。 一岡:僕が行ったのはガーナなのですが、知り合いが今ガーナで農業の会社を経営しているんです。そこで、一度来てほしいからと言われて。アフリカに対しての興味は正直なかったのですが、行ってみたらすごく刺激的でした。…

関連タグ