できる文化 vs できない文化

近頃は、若いIT企業のダメなところに関する記事やコメント、ツイートを書くことが流行りのようです。私のツイッターのフィードでも、問題に突き当たったスタートアップがいかにダメかとか、成功した創業者がどんなにひどいヤツであるかとか、誰かの会社がどんなにくだらないかとか、そのようなことを目にしない日はほとんどありません。希望と好奇心に満ちた今日のスタートアップのカルチャーを、独りよがりなマウンティングのカルチャーに置き換えようとする運動でも起きているかのようです。 これらのことはなぜ重要なのでしょうか? なぜ私たちは論調が間違った方向に傾いていることを気にすべきなのでしょうか? なぜ誰かの会社のまずいところよりも、良いところを知るほうが重要なのでしょうか?…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります