現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

「在庫がないのに注文が入る」というパラダイムシフトで年率2,500%成長!
スニーカー売買プラットフォームに隠された急成長の仕組みを解明【モノカブ濱田×XTV手嶋】

インタビュイー
手嶋 浩己
  • XTech Ventures株式会社 代表パートナー 
  • 株式会社LayerX 取締役 

1976年生まれ。1999年一橋大学商学部卒業後、博報堂に入社し、マーケティングプランニング、ブランドコンサルティング業務等6年間勤務。2006年インタースパイア(現ユナイテッド)入社、取締役に就任。その後、2度の経営統合を行い、2012年ユナイテッド取締役に就任、2018年退任。在任中は多数の新規事業の立ち上げや、メルカリ等へのベンチャー投資、複数社のM&Aの実行等で貢献。2013年-2017年メルカリ社外取締役。2018年、XTech Venturesを共同創業し、現在は代表パートナー。2019年には株式会社LayerXの取締役にも就任。

濱田 航平
  • 株式会社モノカブ 代表取締役 

1992年生まれ。大学卒業後、証券会社で約1年半務め退職。株式投資で使われる「板寄せ」という取引方式に目を付け、自身の趣味だったスニーカー収集と掛け合わせる形でマーケットプレイスサービスを構想。2017年12月にBrhino(現モノカブ)を創業し、『モノカブ』を運営する。2019年11月にXTechVenturesなどから2.2億円を調達した。兄はメルカリ取締役の濱田優貴氏。

世界を変える事業家の条件とは何だろうか──。

この問いの答えを探すべく立ち上がった、連載「事業家の条件」。数々の急成長スタートアップに投資してきたXTech Ventures代表パートナー・手嶋浩己氏が、注目する事業家たちをゲストに招き、投資家の目から「イノベーションを生み出せる事業家の条件」を探ってきた。

「『世界を変えてやる!』とかいう熱い想いは、正直持っていないんですよね」。本記事に登場する、スニーカー売買プラットフォーム『モノカブ』を展開するモノカブの代表取締役・濱田航平氏は、ビジョンを高らかに語るタイプの起業家ではない。

2019年11月、XTech Venturesはモノカブへ投資したが、手嶋氏は『モノカブ』の構想を初めて聞いたとき「ビジネスとして成立しないと思った」という。しかし、前年比2,500%の急成長ぶりを目にし、考えを改めたそうだ。

「自然体のまま」事業を推進し、「社会を成り立たせている“仕組み”を覆し得る」ポテンシャルを開花させてきたモノカブの軌跡をたどる。

  • TEXT BY RYOTARO WASHIO
  • PHOTO BY SHINICHIRO FUJITA
  • EDIT BY MASAKI KOIKE
SECTION
/

新時代のバーチャルな「資産」を支えるポテンシャル

2018年にリリースされた『モノカブ』は、国内最大級のスニーカー特化型CtoCマーケットプレイスだ。株式売買のように、スニーカーを売り手と買い手で取引できる。偽物の流入を排除すべく、取引ごとに専任スタッフによる真贋鑑定を実施。さらに、「板寄せ」という証券取引所の売買成立方法を採り入れることで、売り手と買い手が共に価格を指定できるようになり、透明性の高いスニーカー相場を実現している。

無料会員登録いただくことで
この記事の続きをご覧いただけます。

こちらの記事は2020年09月17日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。

記事を共有する
記事を保存する

Presented by

執筆

鷲尾 諒太郎

1990年生、富山県出身。早稲田大学文化構想学部卒。新卒で株式会社リクルートジョブズに入社し、新卒採用などを担当。株式会社Loco Partnersを経て、フリーランスとして独立。複数の企業の採用支援などを行いながら、ライター・編集者としても活動。興味範囲は音楽や映画などのカルチャーや思想・哲学など。趣味ははしご酒と銭湯巡り。

プロフィールをみる
閉じる

写真

藤田 慎一郎

編集

小池 真幸

編集者・ライター(モメンタム・ホース所属)。『CAIXA』副編集長、『FastGrow』編集パートナー、グロービス・キャピタル・パートナーズ編集パートナーなど。 関心領域:イノベーション論、メディア論、情報社会論、アカデミズム論、政治思想、社会思想などを行き来。

プロフィールをみる
閉じる

デスクチェック

長谷川 賢人

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

プロフィールをみる
閉じる

校閲

タテイシサエコ

校正/校閲者。PC雑誌ライター、新聞記者を経てフリーランスの校正者に。これまでに、ビジネス書からアーティスト本まで硬軟織り交ぜた書籍、雑誌、Webメディアなどノンフィクションを中心に活動。文芸校閲に興味あり。名古屋在住。

プロフィールをみる
閉じる

この連載の他の記事

この連載のすべての記事をみる

おすすめの関連記事

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります