NUMBER
03

経験に裏打ちされた実践知が、投資家の心をつかむ。
XTV手嶋氏が明かす、ブライダル業界変革を目指すリクシィへの投資要因

投資家やVCが事業のどこに注目し、何を高く評価するのか── 起業家にとって、資金を調達し、その先に見据えるミッション実現を目指すうえでも知っておきたいポイントだ。しかし、投資の決定要因が語られる機会は決して多くはない。

そんな閉ざされた世界を解き明かし、急成長するスタートアップを増やしていくべく、連載企画「XTV手嶋氏と迫る、事業家の要諦」が立ち上がった。XTech Ventures株式会社共同創業者兼ジェネラルパートナーの手嶋浩己氏が、主に投資先のスタートアップCEOと対談。手嶋氏が投資を実行するまでの経緯から現在に至るまで、事業成長の背景を掘り下げていく。投資家が魅力を感じる事業の共通項や、創業期スタートアップが成功するために押さえるべきポイントを明らかにする。

第2回は、2019年4月にXTech Venturesから資金調達した株式会社リクシィ代表・安藤正樹氏との対談を前後編でお送りする。

リクシィは、「結婚式における選択肢の多様化」を目指し、2018年6月に業界初となるオンライン結婚式準備サービス「Choole【チュールウエディング】」をローンチ。従来のようにドレスやフラワー、ヘアメイクのそれぞれを各式場が定めたものではなく、一つひとつ自由に選べるのが特徴だ。

一方で、ブライダル領域はシュリンク傾向にあるといわれている業界でもある。一体なぜ、XTech Venturesはリクシィへ投資をしたのか。

前編では、リクシィが約1.6億円の資金調達に成功した要因にフォーカスを当てる。手嶋氏がVC目線で投資の裏側を明かすともに、安藤氏からは「VCから出資を受ける価値」が語られた。

  • TEXT BY HUSTLE KURIMURA
  • EDIT BY TAKUMI OKAJIMA

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社RiLi 社外取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社RiLi 社外取締役

1999年に新卒で株式会社博報堂に入社。2006年に株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)取締役に就任、2度の経営統合を行い、2012年にユナイテッド株式会社取締役に就任。2013年から2017年まで、投資先の株式会社メルカリ社外取締役。ユナイテッド時代は、グループ経営、新規事業立ち上げ、M&A及びPMI、ベンチャー投資などを並走して行い、同社の発展に貢献。2018年6月にユナイテッド株式会社取締役を任期満了で退任。同年8月、株式会社Gunosy社外取締役及び、ワンダープラネット株式会社社外取締役就任。同年9月、XTech Ventures共同創業者兼ジェネラルパートナーに就任。

安藤 正樹 (あんどう・まさき)

株式会社リクシィ 代表

安藤 正樹

あんどう・まさき

株式会社リクシィ 代表

2003年京都大学法学部卒業。2001年より創業メンバーとして参画している株式会社ドリコム(インターネット関連事業) で、営業担当取締役として、新規事業の立上げ、事業拡大、営業部門のマネジメント全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献する。 2009年4月、株式会社エスクリ(ブライダル事業) に入社し、東証マザーズ上場を経験後、結婚式場の責任者、マーケティング部門の責任者を経て、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献する。その後、常務取締役として事業部門を管掌し、結婚式場30施設、内製部門、新規事業、HRを統括し、売上262億円/ 社員数1023名の規模(連結)へと成長させた。2016年5月、株式会社リクシィを創業。

SECTION
/

業界の未来を背負う覚悟が、投資家の支援を呼び寄せた

リクシィ創業以前、安藤氏はブライダル事業を展開するエスクリで、結婚式場30施設の運営、マーケティング・新規事業やHRなどの統括に7年間従事。かつては、ドリコムの創業メンバーとして東証マザーズ上場に貢献した経験も持っている。ITリテラシーや組織開発ノウハウの導入によってブライダル業界の変革を牽引したいと考え、2016年5月にリクシィを創業した。

「ブライダル業界の構造改革・結婚式であふれた世界を創る」をミッションに掲げるリクシィは、複数のサービスを展開し、様々な角度から業界の「負」の解決に挑む。現在は、プランナー経験者が結婚式場探しをサポートする「gensen wedding」、ブライダル業界に特化した転職支援をする「リクシィキャリア」、ブライダル事業に特化したコンサルティングサービス「リクシィブライダルコンサルティング」、オンライン結婚式準備サービス「Choole【チュールウエディング】」と、スタートアップとしては珍しく、4つの事業をすでに展開している。

2019年4月にプレシリーズAラウンドでXTech VenturesやSMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合、個人投資家などから約1.6億円の資金調達に成功。しかし、それまでリクシィは投資家から評価してもらえず、資金を調達できない期間が続いていたという。

株式会社リクシィ代表・安藤正樹氏

安藤創業時から提供してきた人材サービスのリクシィキャリアは順調に成長していましたが、それだけでは資金調達に必要なインパクトが不足していました。それを踏まえ、Chooleをスタートする2018年6月ごろから、投資家の方々に声をかけはじめたのですが、Chooleでトラクションを獲得できていなかったため、サービスの伸び代や目指す世界観を伝え切ることができませんでした。チームや事業戦略などは「申し分無い」という評価が大半だったにもかかわらず、です。

その状況下でありながら、手嶋氏は、安藤氏がシュリンクする業界でのイノベーション創出に必要な、ある武器を持っていることに注目し、投資を決断した。

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社RiLi 社外取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社RiLi 社外取締役

1999年に新卒で株式会社博報堂に入社。2006年に株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)取締役に就任、2度の経営統合を行い、2012年にユナイテッド株式会社取締役に就任。2013年から2017年まで、投資先の株式会社メルカリ社外取締役。ユナイテッド時代は、グループ経営、新規事業立ち上げ、M&A及びPMI、ベンチャー投資などを並走して行い、同社の発展に貢献。2018年6月にユナイテッド株式会社取締役を任期満了で退任。同年8月、株式会社Gunosy社外取締役及び、ワンダープラネット株式会社社外取締役就任。同年9月、XTech Ventures共同創業者兼ジェネラルパートナーに就任。

安藤 正樹 (あんどう・まさき)

株式会社リクシィ 代表

安藤 正樹

あんどう・まさき

株式会社リクシィ 代表

2003年京都大学法学部卒業。2001年より創業メンバーとして参画している株式会社ドリコム(インターネット関連事業) で、営業担当取締役として、新規事業の立上げ、事業拡大、営業部門のマネジメント全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献する。 2009年4月、株式会社エスクリ(ブライダル事業) に入社し、東証マザーズ上場を経験後、結婚式場の責任者、マーケティング部門の責任者を経て、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献する。その後、常務取締役として事業部門を管掌し、結婚式場30施設、内製部門、新規事業、HRを統括し、売上262億円/ 社員数1023名の規模(連結)へと成長させた。2016年5月、株式会社リクシィを創業。

関連タグ

執筆

ハッスル栗村

1997年生まれ、愛知県出身。大学では学生アスリートを取材し、新聞や雑誌の制作・販売に携わる。早稲田大学文学部在学中。

編集

岡島 たくみ

株式会社モメンタム・ホース所属のライター・編集者。1995年生まれ、福井県出身。神戸大学経済学部経済学科→新卒で現職。スタートアップを中心としたビジネス・テクノロジー全般に関心があります。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年10月15日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。