NUMBER
05

学生時代から活躍する事業家の「共通点」──LayerXの若手エースから溢れ出る、事業をドライブする主体性

世界を変える事業家の条件とは何だろうか──。

この問いの答えを探すべく、連載「事業家の条件」が立ち上がった。数々の急成長スタートアップに投資してきたXTech Ventures・手嶋浩己氏が、注目する事業家たちをゲストに招き、イノベーションを生み出せる事業家の条件を探っていく。

今回は、活躍する若手の条件を探る。お招きしたのは、ブロックチェーンの社会実装に取り組むLayerXに、2020年4月に入社予定の伊藤工太郎氏と田本英輔氏だ。両氏は、大学在学中にLayerXにジョインし、インターン生ながら事業の中核を担っている。

「入社ゼロ年目」ながらも事業家として活動する両氏へのインタビューを通じて、活躍する若手に共通する「主体性」に迫った。

  • TEXT BY RYOTARO WASHIO
  • EDIT BY MASAKI KOIKE

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社LayerX 取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社LayerX 取締役

1976年生まれ。1999年一橋大学商学部卒業後、博報堂に入社し、マーケティングプランニング、ブランドコンサルティング業務等6年間勤務。2006年インタースパイア(現ユナイテッド)入社、取締役に就任。その後、2度の経営統合を行い、2012年ユナイテッド取締役に就任、2018年退任。在任中は多数の新規事業の立ち上げや、メルカリ等へのベンチャー投資、複数社のM&Aの実行等で貢献。2013年-2017年メルカリ社外取締役。2018年、XTech Venturesを創業し、共同創業者兼ジェネラルパートナーに(現任)。2019年、株式会社LayerXの取締役(現任)に就任。

伊藤 工太郎 (いとう・こうたろう)

株式会社LayerX ソフトウェアエンジニア

伊藤 工太郎

いとう・こうたろう

株式会社LayerX ソフトウェアエンジニア

慶應義塾大学経済学部卒。SHOWROOM株式会社を始めとするエンジニアインターンを経験。Microsoft Imagine Cup、総務省起業家甲子園などのビジネスコンテストを通じた自身での起業を経て、ブロックチェーンに出会う。

SECTION
/

希少価値を高めるために、「戦う土俵」を変えた

伊藤氏はLayerXのエンジニアとして、大手クライアントとの協業を推進。システムの要件定義から開発まで幅広く担当し、ブロックチェーンの活用方針を策定している。インターン生ながら、大企業の事業開発をリードする立場にあるのだ。

LayerXの門を叩いたのは、2018年10月。設立2ヶ月後のことだった。それ以前も起業や他のスタートアップでのインターンを経験していた伊藤氏がLayerXを選んだのは、「他のエンジニアとの“差”をつくるためだった」と振り返る。

LayerX・伊藤工太郎氏

伊藤新しい技術を集中的に学べば、周囲との差を生み出せると気づいたんです。

LayerXにジョインする前、Webエンジニアとしてキャリアを重ねている先輩たちには、技術力でなかなか勝てないことを悩んでいました。

そんな折、当時は目新しかったコンテナ技術にフォーカスして学んでいると、先輩から「伊藤くんはコンテナに詳しいんだね。俺たちは分からないから教えてほしい」と言われたんです。

最新技術には、キャリアの差なんて存在しないと気が付きました。だから、ブロックチェーンが登場したとき、「これだ!」と思ったんです。最新の技術を一番に学び、その道の第一人者になりたかった。

SECTION
/

官僚志望の学生が、ブロックチェーンの世界に飛び込んだ理由

田本氏は、大手企業と合同会社を設立し共同で開発を進める新規事業の、ビジネスサイドを担っている。立ち上げから執行役員と二人で事業を開拓。外部パートナーとの渉外業務や、法律関係の要件洗い出し、プロダクトの要件定義に到るまで幅広く担当した。

結果、チームの人数も大幅拡大し、プロダクト開発に向けて大きなプロジェクトとなるまでに成長。現在も、クライアントが培ってきた事業上の強みとブロックチェーンの技術特性を掛け合わせて新たなビジネスを生み出すべく、試行錯誤を重ねている。

また、LayerXが毎週発行しているブロックチェーンに関するニュースレターの執筆も、田本氏の担当業務だ。アナリストの肩書を持つ同氏は「セキュリティトークン」と呼ばれる、有価証券のデジタル化に関する分野のリサーチを専門としており、社内外でリサーチ内容を発表している。

田本氏とブロックチェーンとの出会いは、大学の自主ゼミだった。

LayerX・田本英輔氏

田本ブロックチェーンについて、誰も社会実装のイメージが持てていない頃でしたが、「情報の信頼性を担保する」技術特性が、社会を変えるきっかけになるとも感じていたんです。

もともと僕は官僚になり、社会システムの構築に関わる仕事がしたいと考えていました。でも、ブロックチェーン技術に出会ってから、考えが変わった。

この技術が普及すれば、これまで人が担保するしかなかった「契約の信頼性」をデジタル上で保証できるようになり、社会システムが大きく変わると思ったんです。

SECTION
/

活躍する若手に共通する「主体性」とは?

手嶋氏はXTech Venturesのジェネラルパートナーを務めながら、2019年10月にLayerXの取締役に就任。伊藤氏と田本氏の活躍を見守ってきた。

入社前にして事業の中核を担う両氏に共通するのは「主体性」だと手嶋氏は指摘する。二人はインターン生ながら、自ら行動を起こし、事業の促進に寄与する「自分にしかできない仕事」を成し遂げてきたのだ。

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社LayerX 取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社LayerX 取締役

1976年生まれ。1999年一橋大学商学部卒業後、博報堂に入社し、マーケティングプランニング、ブランドコンサルティング業務等6年間勤務。2006年インタースパイア(現ユナイテッド)入社、取締役に就任。その後、2度の経営統合を行い、2012年ユナイテッド取締役に就任、2018年退任。在任中は多数の新規事業の立ち上げや、メルカリ等へのベンチャー投資、複数社のM&Aの実行等で貢献。2013年-2017年メルカリ社外取締役。2018年、XTech Venturesを創業し、共同創業者兼ジェネラルパートナーに(現任)。2019年、株式会社LayerXの取締役(現任)に就任。

伊藤 工太郎 (いとう・こうたろう)

株式会社LayerX ソフトウェアエンジニア

伊藤 工太郎

いとう・こうたろう

株式会社LayerX ソフトウェアエンジニア

慶應義塾大学経済学部卒。SHOWROOM株式会社を始めとするエンジニアインターンを経験。Microsoft Imagine Cup、総務省起業家甲子園などのビジネスコンテストを通じた自身での起業を経て、ブロックチェーンに出会う。

関連タグ

執筆

1990年生、富山県出身。早稲田大学文化構想学部卒。新卒で株式会社リクルートジョブズに入社し、新卒採用などを担当。株式会社Loco Partnersを経て、フリーランスとして独立。複数の企業の採用支援などを行いながら、ライター・編集者としても活動。興味範囲は音楽や映画などのカルチャーや思想・哲学など。趣味ははしご酒と銭湯巡り。

編集

小池 真幸

編集者・ライター(モメンタム・ホース所属)。『CAIXA』副編集長、『FastGrow』編集パートナー、グロービス・キャピタル・パートナーズ編集パートナーなど。 関心領域:イノベーション論、メディア論、情報社会論、アカデミズム論、政治思想、社会思想などを行き来。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2020年04月02日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。