NUMBER
02

XTVが“異例”の投資実行。
スペースマーケット重松氏に訊く、社会情勢を追い風にするサービス設計

投資家やVCが事業のどこに注目し、何を高く評価するのか── 起業家にとって、資金を調達し、その先に見据えるミッション実現を目指すうえでも知っておきたいポイントだ。しかし、投資の決定要因が語られる機会は決して多くはない。

そんな閉ざされた世界を解き明かし、急成長するスタートアップを増やしていくべく、連載企画「グロース・カンパニーを見抜く投資家の眼」が立ち上がった。XTech Ventures株式会社共同創業者兼ジェネラルパートナーの手嶋浩己氏が、主に投資先のスタートアップCEOと対談。手嶋氏が投資を実行するまでの経緯から現在に至るまで、事業成長の背景を掘り下げていく。投資家が魅力を感じる事業の共通項や、創業期スタートアップが成功するために押さえるべきポイントを明らかにする。

第1回は、2019年1月にXTech Venturesから資金調達した株式会社スペースマーケット代表・重松大輔氏との対談を前後編でお送りする。

シェアリングエコノミーサービスの社会浸透を追い風に、順調に事業を成長させてきたスペースマーケット。主にシードやアーリー投資を行うXTech Venturesが、当時すでにレイターステージであった同社に投資するのは異例とも言える。フェーズが違うにも関わらず投資を実行した背景には、いったいどのような”魅力”があったのか。

後編では、手嶋氏がスペースマーケットの強みとして挙げる「社会情勢にマッチしたサービス内容」と「ユニークな使い方のキーワード化」から、今後の事業成長に向けた「大手企業とのアライアンス強化」までが明かされた。

前編はこちら

  • TEXT BY HUSTLE KURIMURA
  • EDIT BY TAKUMI OKAJIMA

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社RiLi 社外取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社RiLi 社外取締役

1999年に新卒で株式会社博報堂に入社。2006年に株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)取締役に就任、2度の経営統合を行い、2012年にユナイテッド株式会社取締役に就任。2013年から2017年まで、投資先の株式会社メルカリ社外取締役。ユナイテッド時代は、グループ経営、新規事業立ち上げ、M&A及びPMI、ベンチャー投資などを並走して行い、同社の発展に貢献。2018年6月にユナイテッド株式会社取締役を任期満了で退任。同年8月、株式会社Gunosy社外取締役及び、ワンダープラネット株式会社社外取締役就任。同年9月、XTech Ventures共同創業者兼ジェネラルパートナーに就任。

重松 大輔 (しげまつ・だいすけ)

株式会社スペースマーケット 代表

重松 大輔

しげまつ・だいすけ

株式会社スペースマーケット 代表

1976年千葉県生まれ。千葉東高校、早稲田大学法学部卒。 2000年NTT東日本入社。主に法人営業企画、プロモーション等を担当。 2006年、株式会社フォトクリエイトに参画。一貫して新規事業、広報、採用に従事。国内外企業とのアライアンス実績多数。 2013年7月東証マザーズ上場を経験。 2014年1月、株式会社スペースマーケットを創業。2016年1月、シェアリングエコノミーの普及と業界の健全な発展を目指す一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立し代表理事に就任。

SECTION
/

“最初は消極的だった”投資を実行したのは「使いたくなる仕掛け」があるから

XTech Venturesが初めてスペースマーケットに投資を実行したのは、2018年11月のこと。XTech Ventures代表取締役CEOを務める西條晋一氏と親交のあった重松氏が、出資を打診したことがきっかけだ。手嶋氏は、当時のことを回想しながら「実際のプレゼンを受ける前はファンドの方針とは違うフェーズでの検討になるので、出資に消極的だった」と当時を振り返る。

XTech Ventures株式会社共同創業者兼ジェネラルパートナー・手嶋浩己氏

手嶋XTech Venturesは、ステージで言えばシードやアーリーのスタートアップを中心に投資を行うベンチャーキャピタルです。一方、重松さんにお声がけいただいた時点でスペースマーケットはシリーズC、レイターの企業でした。私たちにとってはイレギュラーな投資案件となります。ただ、プレゼンで実際の数値や状況を説明してもらい、最終的には西條さんや私を含めた全員が「スペースマーケット」の成長速度とポテンシャルに惹かれ、投資を決断しました。

レイター企業への投資においては、投資額の数倍程度のリターンを狙うVCや投資家が多い。僕自身も重松さんのプレゼンを聞き、スペースマーケットはさまざまな新しい挑戦ができそうな事業だと確信し、通常のプレIPOフェーズ、レイター投資以上のリターンを得られる可能性があるのでは、と思いました。

投資検討時点で、すでに一定規模のビジネスサイズに到達していたスペースマーケット。シリーズCでの投資実行後も、「まだまだここから大きく成長していくだろう」という仕組みとしての拡張性、優位なポジショニングを感じたという。

さらに手嶋氏がスペースマーケットを高く評価する理由は、成長速度やポテンシャルだけではない。それが「社会情勢にマッチしたサービス内容」と「ユニークな使い方のキーワード化」の2つだ。

インタビュイー

手嶋 浩己 (てしま・ひろき)

XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー /株式会社RiLi 社外取締役

手嶋 浩己

てしま・ひろき
  • XTech Ventures株式会社 共同創業者兼ジェネラルパートナー

  • 株式会社RiLi 社外取締役

1999年に新卒で株式会社博報堂に入社。2006年に株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)取締役に就任、2度の経営統合を行い、2012年にユナイテッド株式会社取締役に就任。2013年から2017年まで、投資先の株式会社メルカリ社外取締役。ユナイテッド時代は、グループ経営、新規事業立ち上げ、M&A及びPMI、ベンチャー投資などを並走して行い、同社の発展に貢献。2018年6月にユナイテッド株式会社取締役を任期満了で退任。同年8月、株式会社Gunosy社外取締役及び、ワンダープラネット株式会社社外取締役就任。同年9月、XTech Ventures共同創業者兼ジェネラルパートナーに就任。

重松 大輔 (しげまつ・だいすけ)

株式会社スペースマーケット 代表

重松 大輔

しげまつ・だいすけ

株式会社スペースマーケット 代表

1976年千葉県生まれ。千葉東高校、早稲田大学法学部卒。 2000年NTT東日本入社。主に法人営業企画、プロモーション等を担当。 2006年、株式会社フォトクリエイトに参画。一貫して新規事業、広報、採用に従事。国内外企業とのアライアンス実績多数。 2013年7月東証マザーズ上場を経験。 2014年1月、株式会社スペースマーケットを創業。2016年1月、シェアリングエコノミーの普及と業界の健全な発展を目指す一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立し代表理事に就任。

関連タグ

執筆

ハッスル栗村

1997年生まれ、愛知県出身。大学では学生アスリートを取材し、新聞や雑誌の制作・販売に携わる。早稲田大学文学部在学中。

編集

岡島 たくみ

株式会社モメンタム・ホース所属のライター・編集者。1995年生まれ、福井県出身。神戸大学経済学部経済学科→新卒で現職。スタートアップを中心としたビジネス・テクノロジー全般に関心があります。

デスクチェック

1986年生まれ、東京都武蔵野市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。 「ライフハッカー[日本版]」副編集長、「北欧、暮らしの道具店」を経て、2016年よりフリーランスに転向。 ライター/エディターとして、執筆、編集、企画、メディア運営、モデレーター、音声配信など活動中。

こちらの記事は2019年10月11日に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。