末期患者の「余命」を予測する人工知能、スタンフォード大学が開発|WIRED.jp

がんなどで死期が近い末期患者に、どのくらいの時間が残されているかを予測する人工知能を、スタンフォード大学の研究チームが開発した。患者が必要な準備を始める適切なタイミングを知らせたり、よりよい医療サ…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

WIREDに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります