現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

"差別化"からの脱却。"区別化"させる マーケティング戦略 —— CLAS代表 久保裕丈 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

近い将来、私たちが日々利用する机やイスといった家具は、購入するものではなく月額数百円で"借りる"ことが当たり前となる世界が来るかもしれない。 Amazonプライム・ビデオで話題となった恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』で初代バチェラーを務めた久保裕丈氏が、2018年8月にローンチした新サービス『CLAS(クラス)』は、日本の家具業界、ひいては耐久財の常識を変える可能性を持ったサービスだ。 CLASは「家具を買わない生活」をコンセプトに、ハイクオリティーな家具を月額500円から個人・法人問わずレンタルすることができるサブスクリプションモデルの特徴を持っている。 これまでの経歴とは全く関係のない家具業界になぜ久保氏は飛び込み、いまサブスクリプション型の事業を立ち上げようと思ったのか。そしてこのCLASというサービスをどのように広め、浸透させていくつもりなのか。 企業経営だけでなく、事業の売却経験もある実業家・久保裕丈氏のビジネス戦略とそこに懸ける思いを聞いた。 久保裕丈 東京大学大学院を卒業後、米系のコンサルティング会社A.T. Kearneyに入社。商社・メーカー・金融機関等への全社戦略策定やサプライチェーン・マネジメントを手がける。2012年、女性向け通販サイト MUSE & Co.を設立し2015年に売却。その後、個人で数十社の企業顧問を務める。 2017年、アメリカで大人気の恋愛リアリティーショー"The Bachelor"の日本版"バチェラー・ジャパン"のシーズン1の主役に抜擢される。現在は、家具のサブスクリプションサービスCLASの代表取締役。 起業のきっかけは、引っ越しのたびに買い換える家具に不便さを感じたこと CLASはどのようなきっかけで立ち上がり、ビジネスとして確立していったのだろうか。 久保「今も僕は2年もしないうちに引っ越しを繰り返すというライフスタイルを送っているのですが、そのたびに家具をすべて買い換えていたんですね。やはり部屋の間取りが変わってしまうと、以前使っていた家具はその新しい家にフィットしなくなってしまいますから。 でもある時、引っ越すたびに家具を全部買い換えるのって、かなりもったいなんじゃないか?とふと感じたんですよね。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

AMPに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります