現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

発展途上の東南アジアSaaS、日本勢の活路は「バーティカル」にあり - INITIAL

推定企業評価額億米ドルを超える配車サービスGrab(グラブ)とGojek(ゴジェック)を皮切りに、ユニコーンを社以上輩出するなど、盛り上がりを見せる[東南アジアスタートアップ](https://initial.inc/articles/southeast-asia-startup-)。 その多くはECやゲーム関連サービスなどtoC向け企業が大半を占める。一方で、SaaS企業はユニコーンには見当たらない。 「東南アジアでは人件費や商習慣の壁からSaaSの普及は遅れているが、従来のSaaSの形にとらわれないビジネスモデルを展開するスタートアップが増えている」とジェネシアベンチャーズの鈴木氏・相良氏は語る。 巨大な人口を背景に、スタートアップへの投資が急伸しているインドネシアを中心に、toBスタートアップの事例や日本のSaaS進出の可能性についてについて人に話を伺った。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

INITIALに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります