丸の内を進化させる仕組み 企業というソフトと土地というハードの両方を巻き込む方法 | xTECH

イノベーションの創出には企業や官民の連携が欠かせないが、放っておいても連携は進まない。人と人が繋がるためにはコミュニティが必要だろう。日本有数のオフィス街、大手町・丸の内・有楽町エリア(以下、大丸有エリア)で役割を担うのが、「TMIP(Tokyo Marunouchi Innovation Platform)」と「一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会」だ。 両団体はエリアの多様なステークホルダーと街のビジョンを共有しながら、イノベーション創出に向けたサポートを行っている。年にはスマートシティプロジェクトの一環として、電動マイクロモビリティを提供するスタートアップ「LUUP」と公道における実証実験を行った。 国内ビジネスの中心地、大丸有エリアはどのような街に変化していこうとしているのか? 今回は両団体の担当者名に、TMIPや協議会の役割や、大丸有エリアの将来像を伺った。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

xTECHに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります