中国ラッキンコーヒー会長を悩ませる「レンタカー企業」の苦境 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

中国版スターバックスと呼ばれる「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」は、2017年10月の設立から瞬く間に事業を拡大した。同社は2019年5月に米ナスダック市場でIPOを果たして以降、株価を2倍以上に伸ばし、米国で上場した中国企業としては、最高レ…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります