「リアル店舗の強みは維持し顧客接点を広げていく」フィッツのインハウス戦略が机上の空論にならなかった訳 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

 多くの企業にとってデジタルシフトは優先課題だ。香水やコスメを製造・輸入・販売しているフィッツコーポレーションも、リアル店舗での強みを維持しながら、デジタル活用の体制構築に挑んでいる。デジタル化を視野に入れた組織作りはしばしば“机上の空論”となってしまいがちだが、同社マーケティング部の桜井氏は「実は現場社員もデジタルに対する危機感、学びたい気持ちをもっている」と話す。では、社内全体を巻き込みながら、インハウス化を目指すためのポイントとは。桜井氏と同社にインハウス支援を提供するハートラス取締役CSMOの高瀬氏に聞いた。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

MarkeZineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります