関連記事

掲載メンバー

金子 英樹

(かねこ・ひでき)

大学卒業後、アーサー・アンダーセン (現アクセンチュア) に入社。米国本社勤務等を経て、1991年よりソロモン・ブラザーズアジア証券 (現シティグループ証券) へ。そのノウハウを基盤に1997年にシンプレクスを創業。2002年JASDAQ上場後、会社設立から7年で東証一部に上場。2013年、さらなるブレークスルーを目指してMBOを実施。現在は金融フロント領域のシステム開発分野で国内No.1であるとともに、世界の金融ITサービス企業ランキング「IDC Financial Insights FinTech Rankings Top100」に毎年ランクインする数少ない日本企業でもある。人材育成にも定評があり、Vorkersが2018年2月に発表した「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」において、ベンチャー企業として唯一のトップテン入りを果たしている。

企業概要

  • 代表
    金子 英樹 
  • 事業内容
    金融機関の収益業務に関わるシステムのコンサルティング業務、システム開発業務、保守・運用業務
  • 資本金
    4,750,000,000円
  • 設立年月
    1997年9月
  • 上場有無
    未上場
  • 本社所在地
    東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階
    Google Mapでみる