「やりたいことはない」それは幻想。世界を見た教育者が語る、真の自分の導き方。 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

さまざまな大人の"はたらく"価値観に触れ、自分らしい仕事や働き方とは何か?のヒントを探る「はたらく大人図鑑」シリーズ。 今回は、海外進学への支援や、学生の学びをサポートするプロジェクトなどを通し、"教育"を軸に多岐に渡り活躍されている松田悠介さん。 自身が受けたいじめをきっかけに教員を志し、さらにグローバルな視点を養うべく2009年にハーバード教育大学院、2018年にスタンフォードビジネススクールにて修士号を取得。 これからの教育や、世界で活躍できる人材育成について日々チャレンジを続ける松田さんにお話をお伺いしました。 根底にあるのは"教育"。やりたいことを複数の事業で叶える。 ——今、どんなお仕事をされていますか? 松:いくつかの仕事をしています。 まず1つが「Crimson Education Japan」という、海外のボーディングスクール・大学・大学院への進学をサポートするオンラインサービスです。 海外のトップクラスの大学は、ペーパーテストだけで合否が決まるわけではありません。 トップ大学の合格基準を熟知した元入学審査官が、小論文やインタビュー対策といった試験に必要な要素をアドバイスするサービスです。 ——海外で学びたいという方のサポートをしてくださるんですね。 松:もう1つは、高校生の課外活動を応援する「BLAST! SCHOOL」の運営です。 留学などを通じて高校生が"やりたいこと"にモチベーションを高めても、その気持ちをキープし続けることって非常に難しいんです。 そこで重要なのが、同じ想いを持っている人との横の繋がりや、何かをやりたいと思った時に自分の想像を超えたアドバイスをしてくれるプロの存在。あと、活動に必要なお金もですね。 このブラストスクールは、それら全部を提供するというプロジェクトです。 目指すものがあってもお金が工面できない高校生に資金を与え、課外活動を通して何かを学んでもらったり、何かを始めたいと思った時にプロのメンター(指導者・助言者)がアドバイスをしてくれたりするという"徹底的に高校生の課外活動を応援する事業"です。 グローバルな人材を育成し、海外に飛び出していく支援をすることで、やる気を持った高校生が自分の意思を持って生きられるようにすることを応援しています。 ——こちらも、"学びたい"という意思を持った方を応援されているんですね。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

AMPに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン