新着更新連載

最終更新 06/30

M&A後の起業家たちの挑戦

2018年、日本企業によるスタートアップのM&Aが、件数・金額ともに過去最高を記録した。 米国に比べ、日本はIPOによるイグジットの割合が多いことで知られていたが、状況は少しずつ変わりつつある。 ただ、M&Aを果たした起業家は、ロックアップ期間を終えると退任し、次のチャレンジへと進むことが多い。 しかし、そうした“通説”に囚われず、別の選択肢を選ぶ起業家もいる。
最終更新 04/08

パナソニックが提唱するミッションドリブン 〜人生100年時代の新・キャリア戦略〜

今はもう、人生100年時代。70歳、80歳になっても、まだまだ現役で働いているかもしれないが、「そんな歳になっても働きたくない」と感じる人もいるだろう。そんな人こそ、“ミッション”について理解し、考えてみてほしい。こだわりや好き嫌いのような感覚からうまく“ミッション”を育んでいけば、何歳になってもワクワク、充実して過ごせるはずだと、先人が教えてくれているから。
最終更新 08/29

メルペイが見据える"決済の向こう側"──新しい「信用」を創るゲームチェンジャーの挑戦

「決済戦争」と呼ばれる昨今のキャッシュレス決済市場。あらゆる企業が機先を制すべく激戦を繰り広げる中、突如大本命に躍り出た「メルペイ」。その快進撃の背景には、競争のさらに先の世界を見据えて戦うために多様な領域から集った"ゲームチェンジャー"の姿があった。メルペイの現場で今、何が起きているのか。後発ながら快進撃を演じる、その組織の裏側に迫る。
最終更新 06/06

Ideal Entrepreneur ──成功する起業家の要諦

複雑で、利害関係者も多く、これまで誰も変えられなかった領域。 そんな「美味そうに見えない」領域を、いくつもの事業を組み合わせ変革していく起業家こそ、何度も「0→1」を成功させられる「理想的な起業家」ではないだろうか。 エス・エム・エス創業者 諸藤周平率いるREAPRAと紐解く、 Ideal Entrepreneur(理想的な起業家)の世界へようこそ。
最終更新 01/18

ファッションが最強のビジネスである

斜陽するファッション業界。そりゃあそうだ、だって人の感性と直結する水商売なのだから。ファッションテックで成功例が出ないのもその難しさの裏返しだ。今日黒がトレンドだと思ったら明日は白になる。それがファッションだ。それでもそのジェットコースターに多くの野心家が乗り込む。ものづくり、セールス、ブランディング、全てが一級でないと乗りこなせないのも知らずに。ファッションはビジネスの粋なのだ。

620坪の「完成しないオフィス」が表現する設計思想──『KARTE』のプレイド、本社移転の狙いを聞く

倉橋 健太
  • 株式会社プレイド 代表取締役 

同志社大学を卒業後、楽天株式会社に新卒入社。楽天市場におけるWebディレクション、マーケティング、モバイル戦略、広告戦略等、多岐にわたる領域を担当し、楽天市場事業の成長に貢献。2011年10月にプレイドを創業。

公開日2018/10/11

「MRお化け屋敷」の先に待つものは? ── “多重世界”の頂点を目指す、ティフォン

深澤 研
  • ティフォン株式会社 CEO 

横浜国立大学、サンマイクロシステムズのエンジニアを経て独立。映像制作に取り組み、国際映画祭、芸術祭などで出展・入賞多数。2011年Tyffon創業。ディズニーアクセラレーター参加、アプリ・ゾンビブース大ヒットと活躍。2017年インキュベイトファンドより1億円資金調達。MRコンテンツの展開を始める。

公開日2018/10/10

決済市場の先にあるもの──中国と北米から学んだ“なめらか”な信用・消費・意思決定とは #merpay_nextpay

松本 龍祐
  • 株式会社カンカク 代表取締役 

大学在学中よりカフェ経営などを通じて起業。2006年にコミュニティ企画・運営に特化したコミュニティファクトリーを設立。2012年にヤフー株式会社へ同社を売却。2015年よりメルカリに参画。新規事業を担当する株式会社ソウゾウの代表取締役や株式会社メルペイの取締役CPOなどを歴任後、2019年6月に退任。現在はKITASANDO COFFEEなどを運営する株式会社カンカク代表取締役。

家田 昇悟
  • 株式会社メルペイ Product Management Office / 中国インターネット研究所所長 

上海の日本酒コンサルティング会社で営業やイベント企画を担当。その後、株式会社メルカリにて、ID連携やアプリUX改善のプロジェクトにPMとして従事する。新規事業立案のための調査活動を中国で行った後、株式会社メルペイに出向。 株式会社メルペイでは、Product Management Officeにて顧客調査や業界分析、全社のドメイン知識強化施策を主に担当。 個人では、大学在学中から中国のインターネットの動向を追い続け、中国インターネット企業に関わる執筆、リサー

公開日2018/10/09
連載私が創業期スタートアップへのジョインを決めた理由

小さくても、当事者意識が持てる組織で働きたかった。ラクスル・西田真之介氏が、創業期スタートアップに参画した理由

西田 真之介
  • ラクスル株式会社 経営管理部 部長 

青山学院大学卒業後、森ビル株式会社に入社。決算、税務、システム開発、不動産流動化等の業務に従事する。
退社後、DeNAに入社。IFRSでの決算全般、子会社設立・管理等を担当。
2014年8月、ラクスルに参画。

公開日2018/10/09
ADVERTISEMENT

【LIVE】CEO&COO登壇。SaaSの成功と失敗の分水嶺、教えます

ADVERTISEMENT

隠れた優良ベンチャー、アノ注目スタートアップの隠れた魅力をご紹介

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in