人生100年時代の"ミレニアル世代の生存戦略"とは。必須スキル・アイテムを調査 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

2018年12月7日、お金のデザインは、「20-30代のお金と生活に関する調査」の結果を公表した。調査は、20~60代の男女1,000名(各年代 男女それぞれ100名)に対して行われている。 結果として、以下のことが明らかにされた。 現代の20~30代は、今の40代以上よりも早くから将来に備えている 「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と答えた人は約7割 最も求められている資産運用のタイプは「ローリスクでミドルリターンを狙うバランス型の投資」 現代を生き抜く必須アイテムBEST3は「お金」「スマホ・パソコン」「家族」 100年時代の必須スキルは全年代通して「情報検索・選択力」「柔軟性」が1、2位を占める 若くなればなるほど「リユース」「シェアリング」「マッチング」など新しいサービスを活用 日常的にキャッシュレスで買い物しているのは20~30代の6割以上、「デジタルマネーには現金同様の価値がある」と約8割が回答 この結果について、同社は、「先行き不透明な『人生100年時代』を生き抜くために、平成育ちの20~30代は、失敗しない生き方を好み、情報を駆使してより良い選択をし、大きなリスクを避ける傾向にあることがわかった」と分析している。 現代の20~30代は、今の40代以上よりも早くから将来に備えている 調査ではまず、全世代に対して「あなたが20代のとき、資産運用をしていましたか?」と質問している。 世代別に比較すると、20~30代で必要性を感じていた人の割合が高い。40~60代の1.6倍の数値を示している。必要性を感じて実際に資産運用をしていた人は2倍以上。 若者の方がより堅実、という結果になった。 最も求められている資産運用のタイプは「バランス型の投資」 20~30代に対して、「あなたが最もやってみたい投資はどのタイプですか?」と質問すると、過半数が「ローリスクでミドルリターンを狙うバランス型投資」(55%)を選択した。 2位は「ローリターンだが元本保証に近く、リスクがほとんどない投資」(25%)、3位が「ハイリスクだがハイリターンを狙う、攻めの投資」(12%)と続く。 「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と答えた人は約7割…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

AMPに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン