マック、どん底からV字回復 業績回復させたカサノバ社長 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 協力工場で期限切れの鶏肉を使用していたことが発覚したほか、サンデーチョコレートからプラスチック片、フライドポテトから人の歯が見つかるなど相次いだ異物混入。2014、15年は日本マクドナルドホールディングス(HD)にとって試練の年となった。どん底に落ちた業績を回復させたのは、外国人女性社長のサラ・カサノバ氏だ。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

Sankei Bizに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります