及川卓也氏が語る「あるプロダクトマネージャーの試行錯誤」【BIT VALLEY 2019】 - INTERNET Watch

 MicrosoftやGoogleでプロダクトマネージャーとして活躍してきた及川卓也氏(Tably株式会社代表取締役/Technology Enabler)が、「BIT VALLEY 」で日に登壇。特に現場の経験が少ない学生に向けて、プロダクトマネージャーとは何か、なぜ必要か、どのような役割かといったことについて、「執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤」の題で解説した。プロダクトマネージャーの仕事についてポイントを伝えつつも、村上龍氏の小説「希望の国のエクソダス」から引用した「この国には何でもある。ただ、『希望』だけがない」という言葉で始まり、「プロダクト愛」で終わる、エモーショナルな講演となった。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります