プロダクトマネージャーの役割|奥原拓也 / クラシルPdM|note

毎週更新 PdMノウハウ の第回目のnoteです。第回目のnoteは「プロダクトには愛が必要だ」です。もし良ければ読んでいただけたら嬉しいです。今日は言語化されづらいプロダクトマネージャー (PdM) の役割を言語化したいと思います。 PdMは「プロダクトの成長に責任を持つ人」と定義されますが、役割は会社、組織、プロダクトのフェーズによって本当に多種多様です。PdMになる前に何をしていたのかによって得意領域が異なることと思います。 多種多様な顔をもつPdMの役割の中で、特に重要だと考えるつを言語化したいと思います。そのつとは以下です。 ・もっとも解決すべきイシューを…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

noteに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in