フェデラー、もう一つの顔は「新入社員」 テニス界の皇帝のスタートアップ物語

クリスマスのイルミネーションがきらびやかに輝く、ニューヨーク五番街。そこからほど近い場所に位置する「1 Hotel Central Park」を、我々は取材場所に指定された。“サステナブル” をテーマにしたホテルで、エントランスには流木や廃材がインテリアの一部として配置。自然の香りが漂う装飾が施されている。 我々の個別取材前に、世界各国から招待されたメディアが集まる記者会見が行われる予定だった。しかし、当日案内された部屋は小規模な会議室。 これからこの場にやってくるのは、テニス界の皇帝ロジャー・フェデラー。大勢のメディアを集め大規模な会見が行われることを想像しつつ早めに会場入りした我々はやや拍子抜けした。 20のグランドスラムタイトル、2つのオリンピックメダルを保持するフェデラー。その彼が2019年11月、スイス発のスポーツブランド「On(オン)」のメンバーとして参画することが発表された。 フェデラーはOnのシニアチームの一員として、マーケティングやプロダクトデザイン、企業文化の形成など、現場で働く社員らと近いかたちで関わっていくことになる。いわゆる「入社」のお披露目会として、今回の記者会見が設定されたというわけだ。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります