変わる企業の情報収集 大企業のDX化を契機に成長したストックマーク|ASCII.jp

「日本のスタートアップでは珍しいエンタープライズイズムを持っていること、これが我々の強み」――ストックマークの代表取締役CEOである林 達氏は、自社の強みをこう説明する。  同社は、東京大学大学院情報理工学研究科でのテキストマイニング・ディープラーニングの研究をベースとした、東大発スタートアップ。提供するサービス「Anews」はAIを活用した情報収集サービス。それに続くサービスである「Astrategy」は、その企業に適した定性データ分析をAI活用で実現する。さらに続く「Asales」は営業の意思決定に寄与する社内定性データの分析を行う。  最先端のテキストマイニングやディープラーニングから生まれたAIを中心に据えた技術力やサービスは、もちろん同社の特徴であり強みでもある。しかし、林氏がAIによる技術力だけでなく、「エンタープライズイズムが強み」と話す理由はどこにあるのか、訊いてみた。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

ASCII.jpに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります