PICK UP
| Biz/Zine

なぜAGCは「両利きの経営」を実践できたのか──島村CEOと語る「深掘り」と「探索」を共存させる経営

「両利きの経営」の提唱者であるスタンフォード大学経営大学院チャールズ・A・オライリー教授が「両利きの経営を実践している」と認めた日本の企業AGCの取り組みを取り上げた『両利きの組織をつくる――大企業病を打破する「攻めと守りの経営」』(英治出版)が今年3月に発刊された。出版記念イベントのレポート後編では、共著者の加藤雅則氏(アクション・デザイン代表、組織コンサルタント)の講演やAGCの島村琢哉代表取締役CEOとのクロストーク、オライリー教授、ウリケ・シェーデ教授(カリフォルニア大学サンディエゴ校 グローバル政策・戦略大学院)らも加わったパネルディスカッションの様子をお伝えする。…

関連タグ