AI×データ時代のPDCAは「Fact」が起点に マイクロアドが見据えるマーケ近未来 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

 DSPやSSPが相次いでリリースされ、「アドテク元年」と呼ばれた2011年から8年が経過した。プログラマティック広告の出稿量は増加し続けている一方、業界には「次」を模索する動きも見え始めている。そのひとつが、マイクロアドによるマーケティングデータプラットフォーム事業「UNIVERSE」と、新しい広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」の発表だ。DSPとはまったく別のものだというこれらは、マーケティングにどんな価値をもたらしていくのだろうか。同社の代表取締役社長 渡辺健太郎氏に話を聞いた。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

MarkeZineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります