現在、サイト上の画像表示に障害が出ております。

プロ野球選手から公認会計士に。経験者だからわかるセカンドキャリアの難しさ

高校3年生だった奥村武博は、1997年、阪神タイガースにドラフト6位で指名され、入団する。だが、彼のプロ野球人生は順風満帆とはいかなかった。4年目の2001年秋、寮の電話が鳴る。「来季は契約しない」と伝えられた。 高校球児の夢の職業、プロ野球選手。だが、現実は甘くない。1億円プレイヤーになれるのも、退団後に野球界に残って食べていけるのも、ほんの一握りだ。選手としての寿命は短く、そしてその多くは、サラリーマンの生涯年収にも届かない。 現役を引退した後、彼らにはどのような選択肢があるのか? …

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります